2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

梶の木の盆栽

 【18//2017】

20171118232907953.jpg


盆栽仕立てにしたお諏訪さまの梶の木の足もとに

父神、母神、それぞれゆかりの場所から採取した苔を入れました。



20171118232908878.jpg


左半分がフデゴケ、右半分がホソバオキナゴケ。

日にキラキラと輝いて神々しいです。




梶はかなり脆い植物のようなので、

地植えした方は、ここ豪雪地の雪の重みに耐えられるかどうか

心配です。



明日、山の方はいよいよ雪マークです。





Category: ✿越(新潟・富山・石川・福井)

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

わたしの冬囲い(雪囲い)

 【16//2017】




今年も冬囲いのシーズンがやってきました。

少し前までシルバーさんに頼んでいたのですが、

最近は、自分で冬囲いをしています。



囲いを締めるのに結ぶやり方を男結びというのですが、

若い頃、祖父に特訓され、体が覚えていてくれています。

若い頃覚えたことって忘れないから不思議です。


201711160948298ed.jpg


今年は長雨で苔の調子が良かったので、

出来れば囲いをしたくないなぁ(苔が傷むため)

と渋っていましたが、寒くなってきて

そうも言っていられなくなってきました。


20171116094839553.jpg

雪国に住んでいるのだから

仕方ない、やるかーとボヤきながら

晴れ間をみて、ぼちぼちやりはじめました。


こうゆう木は、どうやって囲うのかといいますと、


2017111609485530a.jpg


櫓を立てて、上から吊ります。

楽しいですよ。


20171116094906eac.jpg



厄介なのが、このタイプ。

枝垂れ紅葉は大好きなので、折れるのは避けたいし

頑張ります。


20171116094932cab.jpg


まず櫓を組んで


20171116094941b0d.jpg

こんなふうに囲います。


通常はシルバーさんが8人来て、

丸二日かけてやる作業。

五分の一くらい終わったかな。



少しずつ腕が上がってきたので、

将来は人材センターで雇ってもらえるかも?笑

とはいえ、女一人での冬囲い、緩くて

風がふいたら倒れるかもしれません。笑



Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

来年のカレンダーから出雲の柿まで❣️

 【15//2017】

201711151010597da.jpg


糸魚川信用組合の来年のカレンダーが出来ました!

原画は、信組さんのカレンダーの為に描いたかきおろしです。

昨年は銀ベースだったので、今年は金ベース!


奴奈川姫(布川姫)という画題をつけました。




2017111510110045a.jpg


さて、話変わって先日の講演会の様子が

昨日の上越タイムスに載りました。



ラピスラズリから出来る青、天然瑠璃の絵の具を

手に持ってお話しているところです。


またせっかくお琴とのコラボレーションですから、

建御名方命の装飾品などとして私が頻繁に描いています

琴柱形石製品のお話もさせていただきました。



20171115101102d7c.jpg

気温もうんと下がり、熱燗がおいしい季節になってきました。

千代の光は、越の地酒です。

諏訪の方からいただいた、諏訪湖のワカサギのつくだ煮と、

大和の奈良漬け


20171115101057549.jpg

そしてテーブルの上には


出雲の柿‼️

という神話の里コラボレーションです。



私めが人生の師と仰ぐ

出雲市在住の日本画家小村俊美先生から

平田名物の西条柿をいただきました!!!🤣


越にはないめずらしい形の柿なので

お店に飾らせていただきお客様にみていただいています。

みなさん口々に、こんな柿はじめてみた!と驚かれています。🤣



大黒様(大国主命)の打出のこずちから命名され

「こずち」というありがたいブランド名がついているそうです。

見た目ばかりでなく、味も絶品!


パティシエが選ぶ柿、ナンバーワンに選ばれたそうです!!

それを聞くと、お菓子も作ってみたくなります🤣


出雲の小村先生、めずらしい西条柿こずちを

ありがとうございます‼️🙏



小村俊美先生のブログはこちらから







Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

翡翠園のお茶会

 【13//2017】


20171113144136fd6.jpg


糸魚川の翡翠園さんで

昨日秋のもみじ茶会🍁が行われました。



201711131441340bf.jpg



素晴らしい日本庭園と紅葉


そして



2017111314413841a.jpg


この翡翠園の見所は

なんといっても70トンのヒスイ!



赤と緑のコントラストに映え、圧巻です。



20171113144139bed.jpg


お茶会が終わり、茶室から出ると

糸魚川市の米田市長さんとばったり!!




長野県大町市の市長さんをご案内中とのことで、

ご紹介いただき、光栄にもご一緒に

記念撮影させていただきました。🤣




諏訪大社の前の宮司さんは、

大町市のご出身でいらしたそうです。


塩の道そして、諏訪様入諏のご縁ですね!🤣



Category: ✿越(新潟・富山・石川・福井)

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

旧事紀現代語訳、志村先生ご来越‼️

 【10//2017】


先代旧事本紀を現代語訳された志村先生が

ご来越されました!

先生をご案内させていただくのは、これが二度目です。

20171110070514dc5.jpg


まずは新幹線駅前の

釜蓋遺跡発掘現場へ



2017111007051289a.jpg


この日は、高杯が出土してました。

きれいな形!


20171110070514528.jpg


考古学の小島幸雄先生にご案内いただき、

1.5キロ離れた吹上遺跡へ。


あまりにもすごいメンバーで

私だけ場違いです💧



その後、斐太遺跡や天神堂古墳、宮口古墳群、

20171110070520b70.jpg

渟名川(ぬながわ)神社など

上越市内をご案内しました。


20171110070517007.jpg


さらに能生の奴奈川姫生誕の地へ

信州からパワースポットを巡る方々が

おみえになっていましたよ!


20171110070519261.jpg

秋のヒスイ峡

今年も素晴らしい紅葉をみせてくれました。



お天気にもめぐまれ、

先生方も喜んでくださり、

わたしにとってもこれ以上ない奴奈川巡りになりました。



Category: ✿越(新潟・富山・石川・福井)

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

新聞、雑誌などに紹介されました!!

 【06//2017】


嬉しいご報告が四つあります。

2017110622220556b.jpg

ひとつめは

長野県内のフリーペーパーに掲載されました。


DECENTという、1ページ1ページが

フリーペーパーであることを疑ってしまうような

とても文化的で素晴らしい内容の冊子です。


201711062222072c4.jpg

二つめは、

11月5日の上越タイムスに

陀羅尼八幡宮の紅葉ライトアップの記事がのりました。

思いがけず、参道にこしひかりの行燈があることを

紙面に紹介いただきました。


以前奉納させていただいた子安社の天井画とともに

是非、陀羅尼八幡宮の紅葉をご覧ください🍁


2017110622280084a.jpg

三つめは、

諏訪大社さんが発行されている「なぎがま」という冊子に

絵本が紹介されました!!

※ご分社さん向きの冊子なので、内容非公開にて失礼します。




20171107011704381.jpg

四つめは、

小林古径記念美術館の友の会会報に文章を書きました。

めずらしく絵の話のみの文章で、

題名は「究極のかたちといろ」です。



Category: ◆本・新聞、その他

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

出雲の方にご案内です!

 【02//2017】



201711021522149ed.jpg


このブログでも度々ご紹介させていただいていますが、

私の友人で「出雲を源郷をする人たち」の著者

岡本雅享先生のトークイベントが

今度は出雲で行われるということで、山陰の方にご案内です。




11月11日(土)出雲大社近くの旧高濱邸で、

民俗学者の小泉凡さん、

社☆ガール代表の河野美知さんと岡本先生の3人での

軽食付きトークイベントだそうです!



チケットは残りわずかとのことですので、

お近くの方は是非是非ご参加ください🤗



遠くていけない!という方、

インターネットでのリアルタイム配信(ライブストリーミング)も

開催されるそうです。(お一人様 ¥ 2,000のチケット制)



詳しくは、岡本雅享先生の八雲の空

こちら→http://izumo-studies.info/news/archives/19まで。






Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る