2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

お水鉢プロジェクトキックオフです!

 【22//2017】




上越タイムス


20170722202032d07.jpg
上越よみうり

お水鉢プロジェクトの様子が新聞に載りました。


式典では、銀の雲ロゴの解説をさせていただきました。


20170722202034d67.jpg



先日デザインした雲形のロゴが😍

こんなにかわいいチャームになりましたよ❣️



これをお水鉢の縁などに掛けて、

このプロジェクトに参加していることを

それとなくアピールします。


風に揺れてキラキラ輝いてキレイです。

お花に、お水鉢に、雲形チャーム

女子力高いですね❣️


201707222020367fd.jpg

参加者の皆さんが、お水鉢にお花を浮かべているところです。


今の季節、バラとアナベルくらいしか

思いつかなかったのですが


こんなにたくさんの種類の花が

咲いているんですね!



20170722202037a64.jpg

ムクゲとバラ

洋にも和にもなります🌹🌹🌹

涼しそ〜う🎐


201707222020341fd.jpg

同級生が赤ちゃんを抱っこして

会いにきてくれました。🤣


生後一カ月の天使に、すっかり癒されてしまった

こしひかりでした。




さて夕方、🚄新幹線に乗って

糸魚川へひとっとび❣️

2017072220213372a.jpg

土田孝雄先生の新潟日報「奴奈川姫ものがたり」の連載

30回が、無事に終わったことをお祝いする会です。



僭越ながら

「土田先生が産んだ奴奈川姫の宣伝部長、川崎日香浬です」

と、乾杯のご挨拶をさせていただきました。



土田先生はもうすぐ81才のお誕生日を迎えられます。

日野原医師のように、あと20年お願いしますよ!

Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

花の町高田お水鉢プロジェクトのロゴマーク

 【20//2017】


今朝、梅雨明けの発表がありました。

梅雨明けしたのは関東甲信越ではなく、関東甲信です。

越は!と毎年テレビにつっこみを入れるのですが、

越の国の梅雨明けは、いつも曖昧です。


さて、いよいよ夏本番!

高田市街地を中心とした店舗や個人宅の軒先などで

昔の火鉢等を再利用し

水鉢として花を浮かべるイベントが

明日から始まります。


その名も、

「花の町高田お水鉢プロジェクト」



そしてこの度、わたしめが

このプロジェクトのロゴマークを

担当させていただきました。




ロゴマーク、銀の雲です。

水鉢には青い空と雲が映っていてほしい。

私の頭の中は、つねに八雲が立ってますから、笑

はじめから、雲!と決めていました。


現代アート風に、小間の床の間に荘ってみました。


古薩摩のつり舟には、名残りの紫陽花。

縁起をかつぎ、入り舟にして

香など焚いてみました。



あれ?

雲より舟が上にある。(^^;;




こうかな?

若干目線が下目ですが、小間ですからねと、

こんな感じで落ち着きました。




最後に、関防印と落款印を押し、

無事、落成鑑識です。



明日午後1時からの

キックオフイベントでお披露目いたします。



詳しくは、上越観光Naviへ

http://joetsukankonavi.jp/hasumatsuri/event/




Category: ◆本・新聞、その他

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

アナログ仕事とデジタル家電

 【19//2017】


精製した顔料の粒子の目を揃えます。

ふるいにかけたり、乳鉢ですったり

なんて手間がかかるんだろう。


乳鉢もアンティークガラスです、笑


筆で絵を描くこと自体がアナログといわれ、

絵の具なんて、チューブからぷちゅっと出てくるのが

当たり前という時代。


私のやっていることは、今の時代と逆行していて、

原始時代と同じ?なのかもしれません。

ここはこだわりといいますか、譲れない部分です。



しかし原始時代ばかりでは、これも時間がかかる!

適当に文明の利器を取り入れなくては、と

我が家にやってきたのが、




お掃除ロボット、ルンバ980!

人工知能搭載。

家事の時間が短縮になります。


厚めの絨毯だって、すーいすい

微粒子のゴミまで驚くほど吸い取ってくれて

家の間取りや、どこを重点的に掃除したらいいかを

考えてくれる。


終われば勝手に充電ホームへ帰るという、

かなり賢いロボットです。


これにブラーバ(水拭きロボット)を併用して

我が家の床は常にピカピカに。



床磨きは、私の朝の日課だったはずなのですが、

デジタル家電の進化で家事がどんどん楽になります。



最近は、子供が部屋を汚せば、

「せっかく早起きして一生懸命掃除したのよ!

ルンバが!」

などという

オチの効いた会話をする余裕も。笑


AIはどこまで進化するんでしょう。こわいですね。


そんなことを思いながら、


馬上杯を片手に、雪中梅 特別本醸造を❤️

夏の冷酒はキリッとすっきりしたいですね!

塩辛の豆皿は黄瀬戸、煮物椀は普段使いの印判手



子供にむしられた

かわいそうな胡蝶蘭を生けた花入は

李朝です。

この2つとないアナログ感がたまりません。



そのうち、アナログは出て行けとばかりに

私の方がAIに追い出されたりして?



Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

SBC信越放送ラジオ収録

 【17//2017】



長野市の

SBC信越放送局へやってきました。




こちらのスタジオで、お諏訪さま物語の朗読を

三回に分けて収録しました。

私も冒頭で少しお話しさせていただきました。





パーソナリティの武田徹さんと

放送は来年のお正月になります。




諏訪六市町村からお越しになられた

ことのねの会の皆様です。

皆さんのあまりに素晴らしい朗読に、

自分の絵本ながらうっとりして聴き入ってしまいました。

音で聴く絵本は、また違っていいです!!


今後は諏訪の小中学校でも、

朗読してくださるそうです!

ことのねの会の皆様、

楽しいひとときをありがとうございました。




さて、帰越し、海の日!

豆アジが釣れているというので

海へgo!



子供たちが海水浴をしている姿を横目に

浜辺でキスを釣ろうと思ったのですが、

二投目にして、リールが壊れて断念!





夕方5時過ぎ、リベンジにやってきました。

父も連れて行きましたよ。笑




最初から豆アジ狙いなので、入れて3秒で五匹!

でもひっかかってることが多く、バレやすいです。

父はキス狙い、でも全然気配がなく、

私はひたすら豆アジ入れ食いに大忙し。

二時間半で、結構せっせと釣りましたー!




食べきれなかった分は、片栗粉をまぶして

唐揚げ用として、冷凍庫へ。



殺生することの重みを感じながら、

今日も海の恵みに感謝です!


Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

絵本の反響、続々と🤗

 【12//2017】


絵本お諏訪さま物語を

諏訪六市町村の小学校に寄贈させていただいてから、

小学校の校長先生や教育長さんから

たくさんのお手紙を頂戴しています!



反響をいただくことが、

作者として一番嬉しく、有難いことです。




本当に感激です!


そして、一番心打たれたのが、

こちらのお手紙。


2017071220352291e.jpg

岡谷市内の小学校図書委員の子供達から!

それも、注釈までよく読んでくれています!

もはや感動を通り越して、感涙しました!

本当にありがとう‼️

ここで申し上げても伝わらないので、

お返事を認めます❣️




さて、今日はめずらしく

依頼された文章を書いていました。



古美術と自分の絵についてです。



私は古美術が大好き💕なのです。


諏訪大社「梶」の神紋入り蕎麦落雁でお抹茶タイム。

もちろん和物も好きですが、どうゆうわけか

とくに朝鮮もの、李朝が好きです❤️

この朝鮮三島は菓子器を平茶碗に見立てました。

円卓も李朝です🤣



古美術の美しさを自分の絵に生かすことが

深くて広い永遠の私のテーマで、

古径先生や靫彦先生も

きっとそうだったに違いないと思っています。

そんなことを文章に綴ってみました。




雨が降って、庭の苔が輝いて

本当にきれいです。

私の愛する苔たちが青々とする

梅雨の季節もまた大好きです。


Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

季刊 邪馬台国(7/1発売)に掲載されました!

 【08//2017】



7月1日発売の、季刊邪馬台国に

掲載されました!!!


201707071622324ad.jpg
季刊邪馬台国132号 


鳥取でのシンポジウムのこと、

コラムには出雲大社奉納祝賀会の写真と、

諏訪ガラスの里美術館の企画展のことなど、掲載されています。


著者は、なんと!

かの有名な、先代旧事本紀現代語訳の著者でいらっしゃいます

志村先生で、日本海の女神を追っていらっしゃいます!!

古代史ファン、必見ですよ!!!

税込1350円、今回は宗像特集です。↓↓
「季刊邪馬台国132号」を Amazonで買う






そしてなんと!!

こちらにも!


201707071622426e0.jpg
季刊邪馬台国130号


同じく志村先生の御論考

物部氏と尾張氏の系譜(3)のところに

天津神社奴奈川神社で、私めが邪馬台国の会の皆様を

ご案内させていただいている写真!



さらに、P195、森本保孝先生著

「諏訪大社御柱祭及び信濃と越の国をたどる旅」のところでは、

2年前の諏訪大社奉納祝賀会に九州からお越し下さった河村先生が、

その後、御一行とともに大型バスでお越しになられ、

御柱祭と越の国をめぐるツアーをされたときのことが

記されています!!



あわただしい日々、考えてみればここ数年、前しか見ておらず、

振り返ることを忘れていました。


過日の出来事を、それも大先生方の素晴らしい文章から

振り返ることができて、本当に感激しています!!!


拝(。-人-。)






さて、話変わって、



昨日は七夕でしたね!


201707080935318b3.jpg
天の川カレーに、子供大喜び!(^m^;)


梶の葉に願い事を書くという、冷泉家の風習に倣いまして

我が家でも、梶も葉にご飯を装って

神前に捧げました。


最近、神前や仏前にいろいろな食べ物を

あげるようになりました。




というのも、ここのところよく耳にする話で、

「亡くなった主人が夢の中でお茶を飲みたいというものだから、お茶を買いに来た」とか、

無くなった身内が、甘いものが食べたいとか、

水がほしいというから、仏壇にあげた。



などなど


そんな話を、あちらこちらで聞くようになって、

ご先祖様は、のども乾くし、

お腹が減るのだと、信じるようになったからです。



水、ごはん、酒、の他に、くだものやお菓子、抹茶

そういったものを神棚と仏壇に

せっせとあげるようになりました。


でも、よくよく考えてみると、

これって当たり前のことでした。


私もそういったことを感じて、自然とできる年に

なったということでしょうか。







Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

FMみょうこうラジオ収録

 【05//2017】


昨日はFMみょうこうのラジオ収録へ

行ってまいりました。



一時間番組ということで、

あれもこれも、笑

奴奈川姫から絵本、趣味のことまで

いろいろお話しさせていただきました!




番組「夢の途中」の根岸遙子さんと。

放送は

7月29日(土)の夕方5時〜

7月30日(日)の朝8時〜

FM78.5です。



電波の悪い方、繋がらない方は、

ウェブで「FMみょうこう」と検索し、

アプリをダウンロードしてください。






また、諏訪のLCVラジオでも、

絵本お諏訪さま物語の朗読が行われます。

前編の放送は、

7月6日午後1時20分〜

LCVラジオです。

同じく、ウェブでアプリをダウンロードして

お聞きいただくことができます。



ーーー追記とお詫びーーー


、、、と申し上げましたが、

諏訪のLCVラジオの方の日時が間違っていました。

お詫び申し上げます。

どなたもお聴きになっていないことを祈るばかりです。

6日の1時20分は、収録日時だったそうです!^^;

放送時間がわかり次第、再度アップいたします。


🙏




Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る