2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

カテゴリ:◆出雲神話縁の地 の記事リスト(エントリー順)

お諏訪さまのプレゼント

 【21//2017】



昨日9月20日、諏訪入りしてきました。


4月8日ガラスの里企画展の祝賀会で

お世話になった諏訪の神々へ、

感謝の会と称し、某所をお借りしお招きして

お茶を一服ずつ献上させていただきました。



私めにはあまりにもったいない場でしたので、

ここでお伝えすることができないのが残念ですが、

人生の思い出に残るひとときになりました。



お諏訪さまからのプレゼントかな💗




会が無事に終わり、越へ帰ってきて一番にしたことは、


茶道具を一式残してくれた私の祖父に、

感謝の茶をたてること。


201709212046046b5.jpg

まずは、お軸にも献茶。

9月20日は、ちょうど彼岸入りの日でしたね。


このお軸は、

7年前に亡くなったわたしの祖父が

昨日の感謝の会の為に用意してくれたとしか思えない

和歌が書かれた、有職のお軸。

奇跡ではなく、お導きでしょうか。



中回しに竹屋町裂を使うとは、

表具した人もさすがと思える逸品です。



そういえば、

二年前に96歳で亡くなられた、表千家の堀内宗心宗匠が

私が娘時代、こんなことをおっしゃられていました。



「お席が済んだら、お軸は巻き取られたほうが

よろしいでしょう。もったいのうさかいに。」




まだ娘だった私には、

掛け軸を掛けっぱなしにすることが

もったいないという意味が、全く理解できませんでした。


20日にこのお軸を、初めて自分で扱わせていただき、

ようやくその意味がわかりました!


お軸はすぐに巻き取りましたよ、堀内宗匠。

もったいのうさかいに。😭


20170921204605bf2.jpg


おじいちゃん、ありがとう!

毎朝、私にお茶を点ててくれていた祖父。



おじいちゃんが死んだら、

いつかありがたいなと思う時が来るぞ!

と、本人は言っていましたが、

本当に今、神になった祖父へ感謝の気持ちが溢れます。

おかげさまで、諏訪の神々にお茶を献上できました。


おじいさま、大社せんべいをどうぞ。笑




祖父と私の、神人共食。










Category: ✿諏訪(信州)

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

 【18//2017】


今日は

祖父母の法事をしました。


2017091801081177d.jpg


祖父七回忌、祖母一周忌

祖母が逝ってもう一年が経つんですね。

時が経つのははやいです。


201709180108107d9.jpg


お抹茶といっしょにいただいたお菓子は



ジャーン!


20170918010813dc4.jpg

菊の御紋入りカステラ!

受勲された方から、いただいてしまいました!


御紋のところを、神棚に捧げたあと

有り難ーくいただきました。



諏訪大社さん、出雲大社さんの

御紋(神紋)入り落雁も同じですが、

御紋をいただくというのは、

あやかれたようで、とても有難い気持ちになります!




そうそう、法要のついでに

20170918010812477.jpg


祖父母のお墓の入り口にある水鉢に、

川崎家の家紋が彫ってあったので、

写真を撮ってきました。



出雲大社さんと同じ、剣花菱の紋です❣️




しかも三種の神器をあらわしているということで、

急に実家の家紋が大好きになってしまった

単純なこしひかりでした。




家紋とか神紋というのは、誰がいつ決めたものなのでしょう。



私の知る限り、

諏訪さんという名字の方は、諏訪大社と同じ梶の家紋。

鹿島さんという名字の方もやはり

鹿島神宮の神紋と同じ家紋だとおっしゃられていました。



おそらくご子息なのでしょうね。



日本の国って凄い!とつくづく思います。











Category: ✿越(新潟・富山・石川・福井)

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

コシノヤマタノオロチの気持ち

 【15//2017】



昨日は、

ブリのあら汁にブリカマで

アラ祭りをしました。

ブリはお刺身よりも、アラの方が好みだったりします。🤗



合わせたお酒は、島根の方からいただいた

奥出雲、簸川酒造さんの

純米七冠馬です!


20170915051423562.jpg


簸川酒造さんの簸川とは、

日本書紀にある「簸之川上」のことなのでしょうか。

そんなことを考えワクワクしながら、まずは一口。



おいしい‼️🤗



島根のお酒は、おいしいお酒が多いですねー‼️


頸城牛ともベストマッチで、、、

あれよあれよと言う間に蒸発がはやいこと。🤗

おいしいお酒は止まらなくなります。


コシノヤマタノオロチが、

止まらなくなるほどおいしいお酒を

出雲の人はせっせと作ってくださるものですから、

ヤマタノオロチはついつい飲みすぎてしまいました。





あれ?コシノヤマタノオロチというのは

私のことですか?

気がつきませんでした。






奥出雲は、越の国新潟県上越市と気候が似ています。

雪の量も、食べ物も、お米も。


こんなに距離があるのに、越から訪れていって、

別の土地にいる違和感のようなものが

全くないのが不思議なくらい。



コシノヤマタノオロチも、越から奥出雲にやってきて、

きっと故郷にいるようで

居ごこちがよかったのだろうと思います。



うちのご先祖が、奥出雲の方々を困らせてしまい

ごめんなさい🙏





そろそろ奥出雲では仁多米が

頭を垂らし収穫の時を待っている頃でしょうか。

黄金色に輝く奥出雲の景色が、目に浮かぶようです。




玉造温泉の周藤さま、

おかげでコシノヤマタノオロチの気持ちになれました。


おいしいお酒を🍶ごちそうさまでした。

Category: ✿出雲(島根)

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

興福寺の寺宝と畠中光享展IN新津美術館

 【09//2017】

20170909062944d46.jpg

興福寺寺宝と畠中光享展が

新潟の新津美術館に巡回してきました!

オープニングにご招待いただいたので、新津へひとっとび。

数日前の新潟日報で、見開き1ページを使い、

大々的に宣伝していたので、それをご覧になられていた

土田先生が「私も!」と手を挙げてくださり、

ご一緒させていただきました。


土田先生は実はお寺のご出身。

重ねて、私の師の展覧会ということで、

楽しみにされていました。



201709090629451a8.jpg


興福寺の貫首、多川俊映様ご挨拶。

興福寺から他に6名もお見えになられていました。


2017090906294799a.jpg


畠中光享先生のご挨拶。


2017090906294817f.jpg


篠田新潟市長のご挨拶。

市長はオープニング後、市議さん達が帰られた後も

熱心に鑑賞されていました。


20170909062950c19.jpg

テープカット

その後、重要文化財の吉祥天の前で法要が

40分間執り行われました。

耳にしたことがないお経。

散華がまかれるところを初めて見ました。





20170909063101f31.jpg

畠中光享先生と。

先生とは4年ぶりの再会です。

今月の小林古径記念美術館友の会の会報に、

畠中先生のことを書いたので、絵本とともにお渡ししました。


201709090631038a0.jpg


四年前に一度お目にかかった方だと思い

声を掛けたらやっぱり!

前回はお着物姿でしたが、

お手持ちのやまぶどうのツルで編まれた

素敵なバッグでわかりました。



土田先生も、NSTのOBの方と偶然再会!

お茶をご一緒しました。



袖振り合うも多生の縁という仏教の諺がありますが、

前世は親戚だったのかしら。

因縁あって、多分またお会いできると思います。



20170909063103b54.jpg


帰路。

なんと土田先生は、

この新津美術館のすぐ近くがご生家だったそうで

通り道に菩提寺があるとのことで、ご案内いただき

土田先生のご両親が眠るお墓にご挨拶させていただきました。


まさか、あんたとここに来るとは!と

土田先生、最高の笑顔でした!

前世は親子だったのかしら。親孝行しました。


袖振り合うも多生の縁ですから。笑




興福寺の寺宝と畠中光享展は

本日9月9日から、10月15日まで

新津美術館で開催されます。


いま、こんなに精力的に日本画を描いている絵描きさんは

おそらく畠中先生の他にいません。

と、断言できるほど、素晴らしい展覧会でした。


クリック↓
興福寺の寺宝と畠中光享展

Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

灰形とシンデレラ展

 【08//2017】


昨日は、風炉の灰形を作っていました。

持ち運びに楽そうな、鐶付風炉に衣替え。

大切な方々へ、お茶を一杯献上する為の下準備です。


20170908051046f09.jpg


こんなふうに自己流ですが、

灰形はいつも轆轤(ろくろ)に乗せて作っています。


私は小さい頃から灰いじりが大好き

で、決まっておこられていました。


思いっきり灰をいじれるは、大人になってからの特権ですね!🤗



今回使用した灰は、祖父と一緒に

番茶の煮汁を練り込んで作った、思い出の灰。

祖父は「よく、火事になったら、

茶人は灰を持って逃げろというんだ。」なんて言ってました。


どんな茶道具よりも灰が命!

火事になったらみんな灰になるのに、

すごい話だなぁと思って聞いていた記憶があります。


そんな両祖父母のことなどを思い出しながら、

朝から灰をいじりはじめ、気がつけば昼💦

何時間ここに座っていたでしょう。笑

切り合わせ風炉なら、五徳がない分だけ楽でしたね😅




すっかり灰をかぶり

見た目はひどい姿の私ですが、

本人は、シンデレラ気分です。笑




シンデレラ!




現在、諏訪ガラスの里では、

企画展でシンデレラとガラスの靴展開催中‼️



20170908053356495.jpg


夢にまでみた、ガラスの靴を履ける二度とないチャンス‼️

ということで、

ガラスの靴なら割ってでも履きたい‼️笑、とすごい気迫で参りましたら、

なんということでしょう


ぴったり❤️

🤗


私もシンデレラになれました‼️😹

これは楽しい❣️


会期は10月1日まで

すべての女子、必見ですよー!🤗


Category: ✿諏訪(信州)

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る