2017 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2017 03

カテゴリ:◆出雲神話縁の地 の記事リスト(エントリー順)

諏訪ガラスの里企画展 川崎日香浬日本画展のお知らせ

 【18//2017】


諏訪湖畔のガラスの里美術館の企画展

川崎日香浬日本画展が開催されることになりました。

なんと、初の試み!ガラス作品とのコラボ展示です。


諏訪ガラスの里美術館

企画展【川崎日香浬 日本画展】

母と子の神話(ははとこのかみがたり)

2017年4月8日(土)~5月14日(日)

http://www.garasunosato.com/museum/


諏訪で開催するということで、お諏訪様の新作などあります。



また、これにあわせて

大火にあってしまった糸魚川市にエールを送るべく、

糸魚川市や上越市の物産品も、会期中に販売致します❗️

お楽しみに❗️



会期まで、この記事がトップに来るように設定されています。

Category: ✿諏訪(信州)

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

興福寺の柱絵完成!

 【26//2017】

20170126162033f82.jpg

実家の除雪車です。

自衛隊員百人分?くらい働いてくれます。(^。^)

20170126120503f71.jpg

降りましたね。

路肩の雪は2メートル越えです。

鎖雨樋も武甕槌神の腕のように凍ってます。



20170126120528ff2.jpg
スカイツリーから都心を望む


さて、年始めに私の師が手掛けた興福寺の中金堂の柱絵が

完成したとの嬉しいお手紙をいただいたので、

家族旅行を兼ねて見に行ってきました。


興福寺の中金堂は、300年ぶりの再建だそうで、

その事業にお声がかかることは、弟子としても鼻が高いことです。


柱絵は中金堂の高さ10メートルのところに上がるということで

目線で作品を拝める最初で最後の機会となりました。




Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

諏訪大社へ番組収録に行ってきました。

 【23//2017】


地元ケーブルテレビと、諏訪へやってまいりました。

2017012318043274e.jpg


「川崎日香浬と行く諏訪の旅」という番組の収録です。


朝早くから諏訪大社さんにご協力をお願いし、

ご案内させていただきました。


20170123180434c76.jpg



この日の朝の気温は、マイナス10度!

極寒のロケでしたが、あたたかい諏訪の皆様に歓迎され

楽しいロケとなりました。

諏訪様のご神領でお話をさせていただくのは、

あまりに恐れ多いことですが、

当日は雲ひとつない晴天に恵まれた為、

諏訪様もよろこんでくださったに違いないと

勝手に解釈しています。



写真は、諏訪湖畔のガラスの里さんの、

大人気!パンバイキングランチです。

やきたてパンにビーフシチューが付くのですが、

とっても美味しいんです!


諏訪湖を眺めながら贅沢な気分になりますね!

御神渡りも間近でしょうか。


201701231803202db.jpg

八ケ岳の美しさにうっとり!

諏訪明神がこの地に来られたのも頷けるなぁなどと感じながら、


ロケが終わり、家路に着くと、またまた嬉しいニュース。

20170123180047eca.jpg

古事記研究の第一人者、三浦佑之先生が

古事記学者ノート

コジオタノートという御著書を刊行されたそうです!

1月20日、青土社より発売。

「コジオタ」の必読書、私もこれから読ませていただきます!

Category: ✿諏訪(信州)

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

岡本先生のwebサイト

 【13//2017】


越の国は雪も無く、嘘のように穏やかな年明けでしたが、

ここへきて寒波がやってまいりました。



さて、先日お知らせしました

「出雲を源郷とする人たち」の著者、岡本雅享先生がwebサイトを開設されました。


クリック↓クリック↓

岡本雅享の出雲学

私のHPにもリンクさせていただきたいと思いますので、ご報告申し上げます。


Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2017年

 【03//2017】

新しい年が明けました

皆様にとってよい一年になりますように

お祈りしております



本年もこしひかりのあとりえを

よろしくお願い致します



Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る