2012 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2013 01

大江山麓(蛭子山古墳・作山古墳)

 【30//2012】

籠神社から平野を南下すること、わずか10キロ。

tizuooe.jpg


すごいです、大江山麓・・・

s-s-183.jpg

国指定 蛭子山古墳


ss-184

前方後円墳の頂上には、そのまま舟形石棺が置いてありました。

4世紀中ごろ(古墳前期)と推定される。花崗岩製。


s-s-188.jpg

自分の知らない京都がここにありました・・・。

私は学生時代京都に住んでいたはずなのですが、
そんなこと恥ずかしくて言えなくなってしまう。


きっとここは古墳時代からなにも変わっていない。住む人だって。

邪魔な介入がない、だからきっといいのですね!

丹後万歳。

s-s-215.jpg
はにわ博物館より、出土の勾玉

糸魚川産翡翠でしょう♪

それと若狭の瑪瑙でしょうか、玉は緑の凝灰岩。

今作ったみたいにきれいです。

石棺からの出土でしょうか?

s-s-211.jpg

このしっぽ。

鵜でしょう?

笑。

s-s-234.jpg


おしりがアンパンマンです(^^;


s-s-248.jpg

古墳の真ん前に、最近まで誰かが住んでいたようです。

鎌倉期のお墓もありました。

s-s-249.jpg

柱は手斧。
べんがら塗ってます、礎石は鞍馬なのは、さすが京都です。


s-s-253.jpg
作山古墳


私だけではなく、子供が「なにっ!ここ!!」と言いながら
目をキラキラさせて喜んでいました。

s-s-258.jpg

ガラス張り、雪国には出来ない演出法です。

石棺の内側には、朱かベンガラが塗ってあります。

ここは「丹」後ですから、丹(朱)を使っていてほしいところですが。


そして、ここの近所には・・・・

s-s-006.jpg

なんと!

奴奈川姫の伝説がある式内社が存在する。


続く・・・



Category: ◆若狭路、丹波(丹後)

Comments (8) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

千代の光 純米

 【22//2012】

千代の光 純米
千代の光純米    新潟県妙高市窪松原

越の王道酒です。


白子ポン酢に、昨年手作りしたかんずりを乗せて一品。

もう一品は、栃尾の油揚げに横から切り込みを入れ、納豆の挟み焼き。

某居酒屋さんのメニューなのですが、健康にもいいので
我が家ではすっかり定番おつまみとなりました。




Category: ◆本・新聞、その他

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

「地域學のススメ~越ノ国の実践・宝さがし」17日発売!

 【10//2012】

郷土史家で姫の研究家でいらっしゃいます土田孝雄先生の
待望の著書「地域学のススメ 越ノ国の実践・宝さがし」がいよいよ出版間近となりました!!
建御名方命の諏訪への逃避道で、謙信が信玄に塩を送った古道「塩の道」から、
ヒスイ、奴奈川姫まで!土田先生40年間の研究の総括編です!

土田先生出版記念4
「地域學のススメ 越ノ国の実践・宝さがし」土田孝雄著

第一章 ヒスイ文化の源流を探る
第二章 蘇る「神遊びの里」その後の展開
第三章 「塩の道」を歩く そして交流の道
第四章 ヒスイ文化と奴奈川姫 その後
第五章 観光資源の発掘と現地学習
第六章 還元・大地 終わりなき種まき (全254ページ カラー8ページ)

お問い合わせ先:株式会社アド・クリーク
TEL 025-553-0081
FAX 025-553-0419
E-mail info@adclique.com


12月17日発売です!!
アドクリークさんから購入可能です。


昨日は出版記念パーティーが糸魚川駅前で盛大に行われました。

土田先生出版記念1
著者の土田孝雄先生

さすが土田先生のご人徳です。
会場はお祝いに駆けつけたたくさんの方々で、会場は華やかでした。


土田先生出版記念3
「歌劇 奴奈川姫」の皆さんもお祝に。

奴奈川姫の歌は、全部で100数十曲もあるそうです。



実は恐れ多くも、このたび

土田孝雄先生のご厚意により、
第四章の3(P131~P139)で私の稚拙な文章を掲載させていただいたのでした。

奴奈川姫との出会い、奴奈川姫が日本画になるまで、私の奴奈川姫像、
糸魚川産ヒスイの岩絵の具作り、出雲で個展を開くまでの経緯、などなど
興味のある方は、ご一読お願いいたします。

土田先生出版記念5
カラーページ

こしひかりの奴奈川姫作品が、出土品とカヌーの写真に囲まれ喜んでいます。

土田先生出版8

右ページ:作家の松本清張先生と、お若い頃の先生。
左ページ:梅原猛先生ご来越

作家の松本清張先生のお名前は、奥出雲でも、また能登の「奴奈川姫を祀る神社」の宮司さんのお母様も松本清張作品のモデルになられていて、何か強大な神様のご縁を感じるこしひかりでした。

土田先生とのご縁により生まれたこちらの大御所先生の本も是非♪
まだ読んでないよー!という方は必見です♪

松本清張先生「駅路」短編小説集 
 奴奈川で起こる殺人事件!当時の土田先生がモデルかもしれません。
 松代の奴奈川と掛けていて、短編ながらさすがと頷く一品です。

梅原猛先生「日本の霊性」
 地元の人間でも知らないことを、この本が全て教えてくれました。
 この本に「日本の霊性」というタイトルをつけてくださった梅原先生に感謝です。

Category: ◆本・新聞、その他

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

君の井 本醸造

 【03//2012】

kiminoi.jpg
君の井本醸造 君の井酒造
新潟県妙高市 君の井さんHP

白いものがチラつくと、いよいよ熱燗の季節♪
君の井本醸造を、ママ友さんからいただきました。

師走に入ったというだけで、なんとなく気ぜわしいですね。
店はこれからかきいれどきです。


さて、いただいたお酒を直江津産真鯛の刺身と、
大好物の白子ポン酢にかんずり乗せてあわせてみました。

5月のこごめを冷凍しておいたものに、島根県のホテル一畑「黒ゴマドレッシング」和え。
子供達はよろこんで食べていました。

箸置きの石は、糸魚川で昔拾った閃緑岩です。


Category: ◆本・新聞、その他

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る