2012 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2013 02

[古語拾遺] 斎部広成撰

 【15//2013】

51FURiGkkLL__SS500_.jpg
  古語拾遺(こごしゅい)斎部広成撰 岩波文庫 

「忌部氏のことを知りたければ古語拾遺を読むといいですよ」
と土田先生に勧められて購入した本です。

古語拾遺とは、807年に斎部広成が書き記した書物で、この本の冒頭は原文読み下しで始まりますが、古事記のような文体とは異なり読み易くて文も短いので、声に出して読んでも15分足らずで全て読み終えてしまえそうな短編書物です。

内容は実に興味深いもので、祭祀の中心を司っていた斎部が、中臣や藤原にモノ申しています。
時に807年、どうしても書いておかないと気が済まない!という斎部広成の気迫が伝わってきます。

後半の御歳神のくだりなどは記紀にも記されていないことですし、記紀や風土記のような語り伝える為の神物語ではない内容が、逆に新鮮に感じました。

題名は「古語」拾遺なのに、現代の世に書いたように斬新に感じます。



また、「造祭祀具の斎部の段」の麻の記述などもためになりました。
(斎部が)阿波の国に遣はして、穀・麻の種を殖ゑしむ。

木綿(ゆう)と木綿(もめん)を今まで混同させていただけに、太布との矛盾が解けました。(^~^;

記紀や風土記と照らしあせて読むのも面白いかもしれません。





Category: ◆本・新聞、その他

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

松の内 お正月飾りとあれこれ

 【07//2013】

今日1月7日は、七草の日ですね!

地方によっては、年神様がいらっしゃる松の内を、元旦~本日7日までとして
お正月飾りを片付ける地方も少なくない様ですが、
我が地方では、15日に各町内ごとに雪上でどんど焼き(歳の神)が行われるので、
それまでを松の内としているようです。
(現在では休日に合わせて行われているようです。今年は13、14日かな?)

小正月のどんと焼きでは、お正月飾りや、昨年の注連縄、お札、書き初めなどを、
竹で高く骨組んだ中に藁とともに火を放って火祭りをし、
年神様(=どんと様、歳神様)を天にお見送りします。

その折、子供がスルメや餅を竹ざおに結びつけたものを、おどんと様の炎であぶり
食べると無病息災のご利益があるというもので、
子供たちにとって、唯一火いじりが許させる嬉しい日でもあります。

(むかし私がこれを題材に絵を描いて
湯沢町に買い上げしていただいたことがありました。^^ナツカシイ)



さて、年神様をおもてなしするためのお正月飾りですが、
所が変われば品変わるようで、さまざまのようです。

私の住む上越地方では、お正月には必ず「八丁紙」という切り紙のようなものを飾ります。
その年の干支や松竹梅、鶴、大国さんなど、めでたいモチーフを、奉書に透かしで切り、
後ろに赤い紙を重ねます。


これを神棚や鏡もちとともに家の要所要所に飾るのが
お正月の当たり前の光景と思っていたのですが、
どうやらこの風習は新潟県だけのようです。

八丁紙いろいろ

その他まゆ玉を飾ったり、床の間に米俵や藁の干支や宝船を飾ったり、
これも新潟県のお正月特有かもしれませんね。

また、神棚の柱には根引きの松を、
松の下には、扇形などに切った切り紙を垂らします。

鏡もちは、米どころ新潟には越後製菓や亀田製菓など大きな米菓工場があるので、
正月近くになると、どこのスーパーも市販品鏡もち(略式)の山積みで、
今では農家以外の家庭では、これがかなり一般的になってしまいました(笑)
(我が家では、昔はお菓子屋さんで鏡もちを作ってもらっていました)

ずいぶん前ですが、地元デパートのウインドウに大きな鏡もちに飾り付けをしてくれと
頼まれたことがありました。(お茶屋の仕事としてですが)
その時は、昆布と、串刺しの干し柿(三種の神器の剣)、伊勢海老の水引細工を飾り、
裏白を敷き、大きな紅白の紙垂を折りました。

同じ越の国でもお隣り富山県では、お正月の床の間の掛け物は必ず天神さんですし、
鏡もちには、昆布のかわりに長い長い乾燥ホンダワラ。
そしてその向こう石川県金沢市では、鏡もちが紅白もち・・・と、、、

当たり前と思っていたことが、実はその地方独特の風習だったりするものですね。

お雑煮が全国違うように、
鏡もちや神棚の飾り方の風習の違いを調べて見るのも、面白そうですね!

京都に住んでいた時、お雑煮が白みそに丸餅だけだったのでびっくりしたっけ。
ちなみに、我が地方のお雑煮は、醤油ベースのすまし汁に焼きもち(もちは角もちが定番)
具は、ぜんまい、鳥肉、大根、人参などなど、かなり具だくさんなお雑煮です。

皆さんがお住まいの土地のお正月飾りやお雑煮は、どんな作り方ですか?

新潟県上越地方のお正月飾り

Category: ✿越(新潟・富山・石川・福井)

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2013年!明けました!!

 【02//2013】

あけましておめでとうございます。

昨年はたくさんの応援をありがとうございました。

2013年も皆さまに福が舞い降りますように
八百万の神々にお祈りしております。

今年もこしひかりのあとりえをどうぞよろしくお願い致します。



鮎正宗純米にごり
鮎正宗純米にごりとおせち料理

おせち料理作ってみました。
年神様は来てくださったかなぁ♪

見通しがいいように・・・れんこん
腰が曲がるまで一緒・・・エビ
子孫繁栄・・・・・・・・数の子
田作りと黒豆・・・・・・年神様おもてなしの定番
くわい・・・・・・・・・芽が出てめでたい

酢ダコ、紅白なます、紅白かまぼこ、炒り鳥、伊達巻き・・・etc


皆さんも、15日の歳の神まで、年神様と楽しいお正月をお過ごしください♪♪

Category: ◆本・新聞、その他

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る