2013 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2013 09

石の話 ~石英系~

 【27//2013】

石の話ばっかりなので、興味のない方はスルーしてくださいね(^^;


先日拾った石ですが、わからないピンクのものが

もうひとつあります。

isi.jpg

左のピンク。石英でしょうけど、発色がCrっぽい・・・

Cr雲母はありませんが、紫外線でところどころオレンジに発光します。

こうゆうのは何のカテゴリに属するんでしょう?


一方、右のものは、おそらくアベンチュリンだと思っていますが(?)、

もしお詳しい方がいらっしゃったら教えてください。

こちらは、金泥を塗ったようにCr雲母がキランキランにラメってます。

どちらもLEDで多少透過します。


こんなものまで拾えるのなら、黒曜石も出るんじゃないかなぁ?

超高圧なら国産ダイアモンドとか。


(笑)


いやぁ、でも案外笑いごとではなく・・・

ヒスイ輝石が昭和初期に再発見されるまで、

誰も糸魚川が世界的産地であることに気がつかなかったのは事実。


しかも、最初に「あるんじゃないの?」って言ったのは、

相馬御風さん。。。


※「春よ来い」でおなじみの作詞家さんです。


御風さんは地質学者でも鉱物学者でもない、文化人ですから・・・(笑)


地表に住んでいる私たちが知らないだけで

まだまだいろんな鉱物が地中には眠っているかもしれませんね~。(^^)






さて、話変わって・・・

この間まで、グッピー6匹で騒いでいたこしひかりでした



が!


あの後、実家の町内夏祭りで金魚すくいにチャレンジしました。

かわいい金魚♪ ほしいほしい!!

先ずは丹頂っぽいのを一匹GET!


♪~♪~♪~

nisikigoi.jpg

ん?

良く見ると?

これは金魚じゃない!!

錦鯉の稚魚じゃないですかぁ~!?

鯉って、金魚にはない独特な目玉の動きをするんですね(^^;


で、祭が終わり最終的に魚が余ったということで、なんと!

35匹

が一挙に実家にやってきました。




「え?聞いてないわよ?なにこれ~?」
↑突然のよそ者達に動揺を隠せない、実家の大きな金魚・・・

とりあえず鯉たちを60cm水槽に入れ、

その間に、遊んでいた90cm水槽を急いで掃除して立ち上げました。(汗)

半分移しましたが、それでもまだ狭いです。


錦鯉って、水槽でどれだけおおきくなるんだろう?

全部大きくなったらどうしよう(((^~^;


最終手段として中庭の池を数年ぶりに解放するかぁ。

面倒見きれるかなぁ・・・(TT)




Category: ✿越(新潟・富山・石川・福井)

Comments (7) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

雪中梅 特別純米(夏季限定)with石の話

 【21//2013】



「お盆だし、いいお酒飲もう♪」と夫の一声に便乗し、


s-040.jpg
雪中梅 純米大吟醸をローストビーフで。

「越の三梅」で名高い雪中梅は、私の地元のお酒です。


父が酒蔵のご主人と同級生で、

むかし一度、家族で御自宅に遊びに行ったことが
かすかな記憶として残っています。

甘口のお酒なので、女性向きです。

酒盗の今半のローストビーフは、夫の友人がくださったもので、
おろしニンニクとポン酢で、たたき風にしていただいても美味でした!


お盆中は、ずいぶんと楽しませていただきました。





そして


rodelio.jpg


きれいです、

だだの石ころとは思えません。

ヒスイじゃなくても、私はじゅうぶんこれで楽しめてます。


乾くと色が薄くなるので、濡らして鑑賞しています。

これ、いい顔料になりそうですね。

アクリルエマルジョンで粒子をコーティングしてやれば

マラカイトに負けない美しい緑になるとおもうのですが。。。



rodelio2.jpg

石ころと宝石は、本当に紙一重ですね。。。


美しさにうっとり・・・





吸い込まれるところでした。





suisou.jpg


8月11日に新しい水槽を立ち上げてから今日で10日目。

30cmの円柱水槽に6匹入れたグッピーと2匹のヤマトヌマエビは、

今のところ一匹もお☆さまにはなっておりません♪




石は一緒に拾ってきた石英斑岩。

ラジウムの効能を調べる実験では決してございません。



只今この水槽は常温です。今なら金魚とも混ぜれそう。

もちろん秋になったらサーモスタットを投入予定です。


毎日かわいいお魚たちに癒されています。





Category: ◆本・新聞、その他

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

姫の井石塚酒造 ほんの気もちです

 【08//2013】

kamenoi.jpg

姫の井石塚酒造(柏崎市高柳町)さんの本醸造「ほんの気持です。」
ほんの気持ち飲むにはちょうどいい量でした。


姫の井の「姫」は、もちろん「姫」のことと思います♪

直江津産のどぐろのお造りを、お気に入りの七官青磁の向付にのせて♪
醤油皿は古瀬戸の豆皿です。

冷奴は、キムチ+韓国のり+ごま油
この愛称が抜群です♪

子供用として、キムチをしらすにかえても◎です!


箸置は糸魚川の根知焼の勾玉で、いただきものです。(^^)






nikawa.jpg

今日の食後のデザートは・・・


違います、これは膠です。
絵を描きはじめてます。

この鍋の膠をあっという間に使いきってしまう程
大きな作品です。


結局膠はゼラチンなので、スイーツ作りと見分けがつきません。

膠とわかっていながら・・・
コンポートと果汁、白ワイン少々を入れたくなります。(笑)



Category: ◆本・新聞、その他

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る