2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

神紋入り落雁

 【31//2017】


今日の一服❣️



毎日こうやって庭のチェックをしながら

縁側で一人、お茶をいただいています。


20170831035146644.jpg


めっきり涼しくなり、蝉時雨もいつの間にか

秋の虫の声に変わってきましたね。


平茶碗を終い、朝鮮唐津にしてみました。



そして今日のお菓子は、


なんと!!

ジャーン!!


201708310338281fd.jpg


諏訪大社さんの

神紋入りそば落雁(非売品)‼️



あれ、えぇっと、前にもここで紹介されましたが...とお思いのあなた



違うんです、よくご覧くださいませ❤️


右が諏訪大社上社の神紋

左が諏訪大社下社の神紋


上社と下社が揃いました〜‼️🤗👏


いじ塗りの四方盆に入れ

有り難く頂戴いたしました。



諏訪大社さんは、梶の葉の神紋です。

我が家の梶の苗も、根っこを三分の一残してばっさりカットし、

三つに株分けしました❣️


自然に生えている梶は、殆どが楮と交配してしまい

「梶楮」になってしまっているそうです。

しかも、専門家でも見分けがつきにくいのだとか。


折角、諏訪の神様からいただいた純粋な梶の苗なので、

私も増やしていこうと試みている次第です。





神紋といえば、

出雲大社さんの神紋は、


二重亀甲に剣花菱‼️

20170831033831a37.jpg

出雲大社さんでお茶を出していただいた時の写真です。

亀甲に剣花菱の神紋入り落雁でした。


初めて出雲大社さんへ訪れた時、

この神紋にびっくりしました‼️


剣花菱、

実は、我が家(川崎)の家紋と同じなんです。

川崎の紋は、亀甲ではなく、丸に剣花菱です。


初めて出雲大社さんへ訪れた時、何か縁があるのかしら

と思ったのですが、、


光栄です‼️🤗


剣花菱は、三種の神器をあらわしていると言われています。

一説に、物部がこの紋を使っていたのではないか

武田の裏紋

などとも言われているようですが、

詳しいことは全くわかりません。


私の先祖が物部なら、

今自分がやっている仕事にも納得なのですが🤗

ただの偶然でしょう。



さて、

2017083103514730b.jpg


今日は、いただきものの糸魚川の地酒

純米雪鶴を冷やして

初物のサンマの刺身とともにいただきました❤️



いよいよ、実りの秋、収獲の秋!

芸術の秋ですね!

涼しくなったので、絵の仕事もはかどります。


20170831035148790.jpg

北海道から帰ってきた子供たち

お土産はルタオのシャンパン入りチョコレートでした❣️



さあ、気持ちも新たに

来月から新学期がスタートです‼️



Category: ✿越(新潟・富山・石川・福井)

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

諏訪大社(下社)奥宮御射山社祭

 【28//2017】


ご報告です!

土曜日の大ウスまつりの様子が

高鳥修一先生のブログにアップされました。

高鳥先生のブログはこちらから
高鳥修一 たかとり修一(衆議院議員 自民党 新潟六区)公式ブログ


アチョー!と、お隣でこしひかりが空手をやっていたことまでも。🤗

高鳥修一先生、ありがとうございます。



続いて、日曜日の上越タイムスにしんきん経営塾での

講演の記事が載りました!


201708280918163ba.jpg

記者さんがいらしていたとは存じ上げず、

新聞に載ってたよーと町で声をかけられ、サプライズ記事でした。

しんきん経営塾さん、タイムスさん、ありがとうございました。




さて話は変わりまして、


毎年8月27日、長野県の諏訪大社では、

数えで二歳の子供の厄除け祈願をする

御射山社祭が執り行われます。


二番目の娘の時には

上社御射山社祭(原村)へ詣でたこともあり、

三番目の息子の時には

下社御射山社祭へ行こうと願っておりました。



去年は来れなかったので、ジローは『数えで二歳』ではなく

満二歳になりましたが、でもこれがかえって良かった!


201708280620593ea.jpg


なにが良かったのかといいますと、

満二歳は、この山道を

自分の足で歩いてくれますから!!

親が楽ちん。笑


5年前、上社の時は、数えで二歳とは名ばかりの

10キロの赤ん坊の娘を抱っこして、

汗だくになりながら、旧表参道の道なき山道を彷徨ったことを

昨日のことのように思い出します。

(結局その後、車で行けることが判明したのですが)




201708280620569f0.jpg


下社御射山社は、二ヶ月前に参拝に訪れたばかりで、

下社秋宮を車で10分ほど登っていった山の中にあります。



この日は、あちらこちらに依代のススキ穂が立ててあり、

普段とは全く異なる雰囲気を醸し出していました。


子供が少ない今日、

祈祷料3000円でこの手間は合うのだろうかと、

余計な心配をしてしまいます。



鳥居から500メートルほどの山歩き。

神域という言葉にふさわしい、神々しい場所です。

神池を横目にさらに登ります。



20170828062058506.jpg


無事に到着。

ご祈祷案内所の穂屋で、受付を済ませると、

二本を1組にした穂のお守りと、お札をいただきました。

穂に喜び、ブンブンと振り回す二歳。


横から流れ出るつめたい御神水で、

手や口を清め、待っていると、名前を呼ばれ祈祷していただきました。


201708280620546ea.jpg

正面が御射山社

向かって左側が児宮社、右側が八千矛社。


御射山社祭では、上社下社同様に

金の御幣を使用されているようです。

祝詞に名前と住所を入れていただき、

無事にご祈祷は終わりました。



下社御射山社には、上社にある子安社(奴奈川姫祭神)はありません。

こちらは元禄時代にこの場所に移ってきたそうです。


右側に鎮座する八千矛社。

八千矛という、奴奈川姫への妻問いの時だけの大国主命の呼び名が

ここの社の名に使われているのも、多少疑問だったのですが、

これは元禄時代の大祝のセンス?なのでしょうか。

それとも奴奈川姫も合祀されているのでしょうか。


20170828062055199.jpg


児宮社は、名前から察すると、建御名方命の13柱の御子神が

おまつりされていると思われます。


古代の子育ては、腹を病んだり、熱を出したり、

薬もなく大変だったでしょう。

もちろん乳母がいたでしょうけれど、

八坂刀女命と奴奈川姫に同情してしまいます。


この二神も子安さんとして勧請してほしいなぁ

と願う今日この頃です。🤗



20170828062312c85.jpg


右側には、玉と鏡

左側には、剣


20170828062311e24.jpg

続いてさらに登山をし、国常立命社(はらやま様)へ。

はらやま様→腹を病まない

アイスを食べてお腹が痛かったというジローに

ご利益あるかな。



このまま神池へ下ります。

けっこうな下り坂です。

怖いのか、「ママ、だっこ❣️」と二歳児。

「ジローのお祭りなんだから、自分で歩こうねー」

それにママは7センチヒールを履いてきてしまったので

勾配が倍です💦

子供としっかり手をつなぎ、

カニさん歩きでゆっくり降りてきました。


20170828062308af2.jpg

いよいよ神池で、どじょうを流し、厄を流します!

どうやら私たちが最後の参拝客だったようで、

おじさんから、

はい、特別!二歳だから二匹だよ。

と、どじょうを渡されました。

通常は一匹なのかな、わかりませんが。


2017082806230731a.jpg

無事に流しました。

😆


20170828071600896.jpg

最後におじさんからご褒美の水風船をいただき

ご満悦のジローでした。


20170828071602f20.jpg


野庵も穂屋のお役に立にけり 一茶


201708280721508cc.jpg


腹を病まないように、腹かけが入っています。

穂はご神前へあげた後、よく乾燥させ、

箸にして使用してくださいとのことでした。



20170828072151b58.jpg


下諏訪名物、福田屋さんのあべ川餅が、

本日だけ名前を変えて、御射山餅に!

これは下社限定ですね!





ジローは多分私の最後の子供ですから、

次どじょうを流すのは、孫の代になるかもしれません😭






Category: ✿諏訪(信州)

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

奴奈川姫と大ウスまつり

 【27//2017】


朝、水引草を採りに庭に出ると‼️

とっくに咲き終わったはずの泰山木が

一輪だけ咲いているではありませんか。


20170827011218c44.jpg

茶室向きではないけれど、珍しいので

唐物の掛花入に生けてみました。

部屋中に広がる季節外れの初夏の香り!

やっぱり異常気象なのかしら?


20170827011221fe1.jpg

さて今日は、毎年恒例の奴奈川姫と大ウスまつりの日‼️

糸魚川市能生の道の駅、マリンドーム能生で

お天道様のもと、賑やかに行われました!



大日本地名辞書に

「能生川は奴奈川の訛りならん。」とあるように、

能生の地名由来も、奴奈川が元であったと思われます。

(詳しくは、拙書「お諏訪さま物語」後半に記してます)


20170827011222508.jpg


今年の新婚さん、大国主命と奴奈川姫役のカップルは

上越市の方でしたよ!

実行委員長の丸山さんと、国会議員高鳥修一さんと。📸


高鳥先生のご挨拶の中で、

「今朝、川崎さんのお諏訪さま物語を読んでから来ました」と

宣伝までいただいてしまいました。

ありがとうございます‼️



何を隠そう、高鳥先生とはお父様の時代からご縁が深く、

高鳥先生とこしひかりは、

古くから空手でご一緒だったのでした。


今では着物の帯をしめているため、誰も信じませんが、笑

私も幼稚園、高校、20代と、アチョー‼️と先生のお隣で

体力作りをやっておりました。🤗ほほほ



20170827011223fb6.jpg


大ウスの前で、神事です。

光栄にも私まで玉串をあげさせていただきました。


m(_ _)m



20170827011803e3e.jpg


糸魚川の米田市長は

先月、諏訪にお呼ばれしてきましたと

喜んでいらっしゃいました。

ご挨拶でも、諏訪と出雲のお話をしてくださり、

つながるご縁に、嬉しさ万倍!🤗


20170827011225f7f.jpg


出演者の方々です。

関係者の方々、暑い中大変おつかれさまでした。



こしひかりは、午後からジュニア絵画教室があった為、

お昼には、後ろ髪引かれながら、上越へと戻りました。


2017082701121930f.jpg


直会です❤️


我が家は、子供たちが最後の夏休みの思い出づくりに

北海道へ行ってしまい留守なので、

今夜は食卓に好きなものだけを並べました。😆


いただきもののイットキーと、

白バイを刺身にして、肝はバター焼に❤️

冷奴は、シラスと海苔をのせて、ごま油で😆



今日も一日の無事に感謝です。

Category: ✿越(新潟・富山・石川・福井)

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

長岡で「お諏訪さま」講演

 【25//2017】




天気予報では、雷雨⚡️☔️の予報だったのですが、

なんということでしょう❣️

晴天です🎶



お諏訪さま、ありがとうー😊‼️




かわりにフェーン現象でしょうか、酷暑でした🌞

汗をかいてしまうので、髪もまとめずにいられません💦

ボブの髪を和風にまとめるのも、少しずつ慣れてきましたよ。


20170825062200f4d.jpg


まだまだ下手ですがこんな感じで。

簪もだんだん夏向きのものから秋仕様のものへとチェンジ。


田んぼを見れば、稲穂が実っていて、

気持ちはすっかり秋なのですが☀️💦



さぁ、参りましょう。

晴天のドライブで長岡までひっとびです‼️


20170825062157f27.jpg


無事に着きました‼️

長岡西ロータリークラブ様

定例会場です。


素敵な会場ですね❣️


知ってる方、いるんじゃない?と聞かれ

いやー、、と首を傾げたとたん!

ご縁とは本当に不思議です。


2017082506215985e.jpg


日本画家の浦上先生と10年ぶりに再会しました‼️

浦上先生は、なんと私の祖母の日本画の先生です。

祖母が25年前先生に日本画を習っていなければ、

私は日本画の道へは進みませんでしたから、

浦上先生は、私の間接的な生みの親なのです。🤗




ロータリアンさんとランチをいただいた後、

「お諏訪さま」のお話をさせていただきました。


長岡もまた、上越と同様に

お諏訪さまが

全国で一番たくさん祀られている地域でございます❣️


2017082506220187c.jpg


光栄なことに、今回のオファーは

ガバナーで、三島病院理事長さんでもいらっしゃいます

田中先生からいただきました。



田中ガバナー、長岡西ロータリークラブの皆様

ありがとうございました‼️




ふと小耳に挟んだ話によると、

東ロータリークラブの例会は、糸魚川出身でお笑い芸人の

横澤夏子さんがゲストだったそうです。

長岡さん、奴奈川びとのオファー、ありがとうございます😊


20170825062203d3a.jpg


直会❤️


メイプルのような甘い香りの

オールドマスターズで

締めくくりました🤗

一日の無事に感謝🙏拝



Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

龍神、お諏訪さま

 【23//2017】



昨日は、講演日でした。

演題は「お諏訪さま」!

20170823161105853.jpg

お着物は

夏も終わりに近づいてきたので、

縦絽にしてみましたよ‼️



支度をして、パソコンを持ち

大事な龍神を描いた銀屏風作品を

持参しようと用意していたら、

三時頃に突如、

バケツをひっくり返したような、ゲリラ豪雨が‼️

雷⚡️⚡️がバリバリと大きな音を立てていて、

どうしようかと一瞬戸惑いました。



でも私には、四時には雨は上がるだろうという

妙な自信がありました。



案の定、

四時にはちゃんと雨が上がりましたよ。


雨上がりの清々しい空気。

さすが、龍神お諏訪さま❤️

きっと銀屏風のお諏訪さまが、清めてくださったんですね‼️😆



会長さんが、これも演出ですか?と🤗


おっしゃるとおり‼️

お諏訪さまの演出でした‼️😆


20170823161107c3d.jpg

四時、会場のやすねさんへ到着。

無事に龍神の銀屏風を運び入れ、

しんきん(信用金庫)さんの地域経営塾


上越を代表する経営者のみなさまの前で、

一時間おはなしさせていただきました。


しんきん地域経営塾のみなさま

大変ありがとうございました。






今日は早速ご近所のしんきんさんの支店長さんが

お見えくださいました。

支店長さんは、糸魚川の天津神社の氏子さんでした。

ご縁ですね🤗


そして、しんきん経営塾副会長さんは、

お婆さんのご実家が下諏訪で、

岡谷でお生まれになられたのだそうです。

ご縁ですね🤗


龍神、ヌナガワヒメと

タケミタカタノミコトのご縁です😆



201708231611049bc.jpg

午前中は上越美術協会展へ作品搬入。

昨年、日本ジュニア展で受賞した三人の教え子が

招待出品です。



20170823161102383.jpg


明日から27日まで、ミュゼ雪小町で展示されます。

よかったらのぞいてみてください。


搬入後、出雲市大社町にお住いの

出雲の国人にお手紙を認めていましたら、

島根県安来市から!

鳥取県境港からも電話があり!


龍神大国主命さまにもリスペクト!





帰り道は高田公園経由で。

お目当ては蓮❤️


2017082316110808f.jpg

こちらは一天四海(いってんしかい)という名前の蓮で、

岡山の後楽園、鳥取城跡の濠に咲いている品種

と説明が書いてありました。




さて、明日は長岡まで講演にまいります。



演題は昨日と同じ「お諏訪さま」ですが、

内容を変えて、

長岡のお諏訪さまのお話をする予定です。


雨は降らないことを祈ります。

龍神お諏訪さま、お願いしますよ‼️











Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

嬉しい反響

 【20//2017】

201708200717011bd.jpg

岡谷市の小学生から

絵本お諏訪さま物語の

お礼のお手紙を拝領しました!


20170820071703f07.jpg

「新しい神話」とは!すごく嬉しい表現です。

みんな、どうもありがとう!!


鹿島の神が稲佐の浜に現れるシーンは

小学生には少し理解しにくいかもしれませんが、

無理もありません。


この部分は国譲りの大切な部分なので、

古事記に忠実に文を書いたのでした。



そろそろ夏も終わりですね。

みんな、宿題は終わったかな。



そうそう、反響といえば!


諏訪地域の朗読会のみなさんが、

諏訪の老人ホームでも

お諏訪さま物語を読んでくださっているそうで、

お年寄りうけもいいのだと感想をいただきました。


とくに古事記世代のお年寄りは、

お諏訪さまが諏訪入りしてからご活躍される部分に

大変喜んでくださるのだそうです。


よかった!

よかった!


20170820071704205.jpg


さて、先日友人宅のパーティーでご一緒した

台湾のエミさんが、出雲大社へ行き

私の絵の前で写真を撮って送ってくれました。


絵は横6メートル、縦2メートル、

運ぶのに神官さん10人は必要ということもあり

現在も出雲大社さんでは

仮拝殿の正面に絵を置いてくださっています。


絵が神域に入っているので、間近に寄ることはできませんが

この2年間で、エミさんと同様に

たくさんの方が出雲大社へ行かれ、

絵の前で写真を撮って、私にラインで送ってくれます。



こういった反響が

何より嬉しかったりします😂



絵本お諏訪さま物語の反響、諏訪大社や出雲大社の絵の反響、

私がおばあちゃんになっても、

孫子の代になっても、続くといいなぁ。🤗






Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

熱田神宮詣り

 【16//2017】



名古屋の熱田神宮へ参拝にまいりました。



20170816105347e7e.jpg


少し小雨が降っていましたが

涼しい中で参拝ができました。


20170816105349551.jpg


御神体は言わずと知れた

三種の神器、天叢雲剣(草薙御剣)です。


同時に、天照大神の御霊代(熱田大神)として

お祀りされています。



20170816105354b65.jpg



この巨木は

ここで御神体を見ていたのでしょうか



20170816105352d8c.jpg


絵描きの作品では、

たいてい天叢雲剣に頭椎大刀が描かれていますが、

実はこしひかりはこれに違和感を覚えるのです。


私的には頭椎大刀は装飾的要素が大きく、

実践向きではないと考えています。


ですから『景行天皇と日本武尊』の表紙絵では

有柄式の鉄剣を描いたのでした。


おそらく天叢雲剣を有柄式で描いた絵描きは

私が初めてだと思います。


誰も見たことはないですけども、、🤗



天叢雲剣というのは、

もともとコシノヤマタノオロチから出た剣ですから、

もしかすると

越の人が持ってきた産鉄技術を

出雲の人が鍛錬して剣にし

それが大和の手に渡り

三種の神器として、

ここ熱田神宮に納められているのかもしれません。


剣、そして勾玉


いずれにしても、三種の神器のうちの二つは

越と関係があるということになります。


では越っていったい何なのか、

ということになろうかと思います。🤗



あまりそういうことを言ってくださる先生は

いらっしゃらないのですが

今月号の季刊邪馬台国、志村先生のご論考のように

越の奴奈川が神格化された時代が

あったのかもしれません。




そんなことを考えながら、

折角名古屋に来たのですから

コメダ珈琲本店へ

20170816105350c89.jpg

本場のモーニングをいただこう

と思いながらも、

結局よくばりな私はあれもこれも頼んでしまいました。


ここの味噌カツサンドが

絶品でしたよ!






さて、来週は

長岡と上越とで、講演が二つあります。

三種の神器のお話も織り交ぜてみようかと思います。


残暑を乗り切って

がんばりまーす‼️



Category: ◆大和神話縁の地

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

お伊勢詣り

 【15//2017】




お伊勢詣りにやってきました。


20170815061012561.jpg

まずは、伊勢神宮外宮

20170815061012b05.jpg

神々しくて

よく見えません。


20170815061009a5e.jpg


続いて内宮へご挨拶させていただきました。




河村哲夫先生、志村裕子先生の著書

景行天皇と日本武尊 の挿絵の中で、

日本武尊が内宮の石段の中腹で

草薙剣をいなだいている様子を描いた作品がありますので、

みなさんぜひみてくださいね!




天照大神は

とても歓迎してくださいましたよー!



201708150610095de.jpg


こちらは外宮の摂社、月読宮



20170815061008dd7.jpg


おいで横丁で

松坂牛🐂串と伊勢うどんをいただきましたよー


20170815061916e88.jpg


子供たちは暑い中よく頑張りました。

ご褒美は、志摩の海!


201708150619179f9.jpg


捕まえたー!

?!

ミズクラゲ?


201708150619196ad.jpg


集めだしています💦


海へかえしてあげると

ちゃんと泳いでいきました



20170815061915dfa.jpg

さてさて❤️

はるばる

伊勢までやってきた


20170815061914126.jpg


自分にもご褒美を。


伊勢旭の、大吟醸❤️


20170815063334eb6.jpg


龍宮船にのって

イルカを見に行きました。


20170815063335436.jpg


カモメとトンビは

ドンタコスに夢中


そして

ドンタコスを投げる

大人も子供も夢中です。


201708150633363f1.jpg

お昼

夏はやっぱり

岩ガキで生ビール🍺🎶


2017081506333755a.jpg

石神さんへ

女性の願いはなんでも一つ

叶えてくださるのだそうです。

ご祭神は玉依姫でした。


越の国から

龍宮船に乗って来た甲斐がありました。🤗







Category: ◆大和神話縁の地

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

越の酒、諏訪の酒、出雲の酒

 【12//2017】


全て到来物のお酒ですが、

ご紹介します❤️


2017081209103060a.jpg

まずは、諏訪の有名なお酒、高天 純米吟醸です。

夏向きなスッキリした味わいのお酒でした。


この日は某造園会社の社長さんより

全長90センチもあろう

大きな大きな真鯛をいただいたので、

半分昆布締め、もう半分刺身と焼き物、そして内臓は

卵と多分、ハツと肝だと思うのですが、

塩コショーでバター焼きにしました❤️

鯛の卵を、いただきもののエルメスの皿にのせ

竹の子汁とともにいただき、絶品でした。



20170812091029862.jpg


続いて越の酒、吟田川(ちびたがわ)純米吟醸です。

上越市柿崎区の癖が強いお酒です。

飲みつけると、この癖が癖になります。

江戸切子で涼しさ演出してみました。🤗


おつまみに、諏訪の方からいただいた長芋を

梅肉でリーチ棒仕立てに。🤗笑

うーん❤️合います。


201708120910278e7.jpg

〆は

出雲の方からいただいた

ふぐのお粥、うず煮‼️🤗

出雲大社の祭祀で振る舞われ、

出雲国の伝統食として知られているそうです。


代々出雲大社千家国造家のおもてなし料理とのことで、

おいしく、ありがたくいただき、

邪気が祓われました。



箸置きは、松江市在住の陶芸家さんが

プレゼントしてくださったものです。


201708120910268d9.jpg

続いて

こちら、諏訪(茅野市)の酒屋さんからいただいた

期間限定の生ぶどう酒🍇井筒ワイン‼️


開封した瞬間、部屋中にぶどうの香りが充満するほど

香り高く、甘口で、とってもおいしくいただきました。



201708120910246ad.jpg

越の酒、純米吟醸雪鶴です。

糸魚川信組の理事長さんからの到来物です。

お気に入りの時代根来で❤️


豆アジは、自ら釣ったものを唐揚げにし

そうそう樹下美術館さんで斎藤三郎を拝見したので

斎藤三郎さんの皿に載せました。



20170812091024b50.jpg

島根県松江市の玉造温泉観光協会の周藤さまより

なんと奥出雲の名酒、

大吟醸玉鋼と純米吟醸七冠馬を頂戴しました❤️


左側のイタリアワイン🍷AMARONEも

島根県安来市の野崎様より頂戴いたしましたものです❤️

😍

勿体無いので、まだ飾って楽しんでいます。



20170812091022a3b.jpg

最後に

越の酒 イットキーです。

魚沼の純米吟醸酒です。


梅酒か白ワインかというような華やかさがあり、

日本酒であることを疑ってしまうような

面白いお酒でした。


友人宅のパーティーにて。





みなさんも日本酒で

ご先祖様と楽しいお盆をお過ごしくださいませ。


Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

美術鑑賞ツアー

 【09//2017】


頸城バスに乗って

フカミ美術さん主催の美術鑑賞ツアーに参加しました。

まずは長岡の県立近美へ。

NST開局記念「加山又造展」が開催されています。


201708091008006cb.jpg


ここ10年、美術館へ足を運ぶことなど殆どありませんでした。

子連れだと博物館へは行けますが

美術館は無理!と諦めていたのでした。涙


この日は、久々にゆっくりと流れる時間をかみしめながら

美術鑑賞ができました。涙


心が洗われます。


20170809100801602.jpg


続いて駒形十吉記念美術館へ。

NST開局者である駒形十吉がコレクションした

加山又造作品をここでも堪能!



加山先生には、もう少し長生きしていただき

お年とともに枯れていく作品も拝見したかったなぁと思うと

亡くなられたのが残念でなりません。


10年前、同じ作品を鑑賞したときには思わなかったのですが、

今回の鑑賞で、加山先生がいろんな作品に影響されて

作品づくりをされていたことが

一点一点、手に取るようにわかりました。



個人的には、日本の、とくに

波の意匠シリーズが大好きです。




さて、ランチは、ホテルニューオータニで❣️

その後、頚城区にある

樹下美術館へ参りました。


樹下美術館は、

医師である杉田館長さんのご夫妻が経営される個人美術館。



奥様はうちのお客様で、

さらに奥様のお母様と祖母が花仲間だったというご縁も重なり、

今まで何度かこちらへお邪魔させていただいたことがあります。



訪れる季節によって趣が異なる

ハイセンスな佇まいの美術館です!


20170809100804ab3.jpg


芝生と稲の緑が繋がって、

果てしなく広い草原のような風景を生み出していました。


この美術館では、館長さんのお父さんの代から蒐集された

地元作家、斎藤三郎さんの陶器と

倉石隆さんの洋画を鑑賞することができます。



美術館の設計も

柔らかい光が間接照明のように入るように設計されていて、

すごくいい雰囲気なんです。


館長さんから、作品とのなれそめなどをご説明いただき、

倉石隆芸術と斎藤三郎さんの陶器を堪能しました。


201708091008033f8.jpg



横には喫茶コーナーがあり、

軽食やお茶が楽しめるようになっています。


ケーキのお皿は、100年前のアンティークシェリー!

リッチな気分で素敵なマダムたちと

このタルトをいただきました。


すると

あなたお若いんだからもう一つ召し上がれ❤️とおむかえのマダム。

え、いいんですか?としっぽをふって🐶

そのあとモンブランまでいただいてしまいました。🤗


樹下美術館さんも、喫茶コーナーも

こしひかり一押しです!



眼福、満腹で

至福のひとときでした。








Category: ◆本・新聞、その他

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

県知事さんとビアガーデン

 【07//2017】




20170807114445f1a.jpg


プライベートでいらっしゃいました

米山新潟県知事さんと

🍻🍻

ご一緒させていただきました。



絵本「お諏訪さま物語」を

お持ちいただき😂🤳感激‼️



お諏訪さま物語は、おかげさまで

新潟日報売れてる本ランキング、

第三位にランクインしましたよー❣️


20170807114442434.jpg



知事は、医師免、弁護士免とダブルでお持ちの

超エリートでいらっしゃり、

噂どおりの素晴らしいお方でした。



私は、昨年の鳥取のシンポジウムの時、

平井鳥取県知事さんと懇親会で

ご一緒したことをご報告しました。

(詳しくは、今月号の季刊邪馬台国132を読んでください❣️)



新潟も頑張らなくては‼️



古代新潟の魅力が詰まった、絵本お諏訪さま物語を

是非読んでくださいねー‼️









Category: ✿越(新潟・富山・石川・福井)

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

日本一の!美の「ツボ」

 【04//2017】


糸魚川へいき

NHK美の壺という番組に出演された

龍見さんを囲んで一杯会。


あまりテレビを見ない私ですが、美の壺は

昔から大好きな番組です。


草刈正雄の愛嬌のあるキャラが

カタい内容を和ませているのもいいですよね!


20170804034300579.jpg
最高級!国石ヒスイさまさま登場です。拝

贅沢にも、ホンモノを横に置いて美の壺を鑑賞❣️


うかうかしていると

ヒスイのパワーに吸い込まれてしまいそうです。


諏訪の岩波様からいただいた名酒、

真澄の純米でみんなで乾杯しましたよー




さて、昨日今日と

20170804034302c2a.jpg

日本一の長岡大花火大会がありました❣️


なんと

正三尺玉のスポンサー企業である会社の前会長より

スポンサー席をいただいてしまいました❣️

2017080403430262a.jpg


一番前の真正面です😱



長岡復興花火フェニックスが

大空から降ってくるという、ど迫力!

2017080410335966e.jpg


左右に首を振るも、視界に収まりきれない

花火!花火!花火!は圧巻でした。

開いた口がふさがらず、しばし言葉を失ってしまいました。




ジローは

よく朝、知恵熱が出る始末😂



20170804103355d7c.jpg


話変わって、こちらも日本一!


高田公園では、蓮が素晴らしくて

毎朝見にいっています。


20170804034304356.jpg

その美しさに

吸い込まれてしまった蜂🐝発見


本当に、なんてきれいなんでしょう。



年を追うごとに、蓮が美しく感じるのは

日々刻々と、蓮に乗る日が近づいている証なのでしょうか。笑

30代でそんなことを言うのはまだ早かったですね😂


私はここのお堀と共に育ちましたから、

夏に蓮が咲いている風景が当たり前すぎて

蓮をちゃんと見ているようで、見ていなかったのかもしれません。


なぜなら

200本に一本くらいの確率で

20170804034305c9b.jpg

真っ白の花があることさえも

いままで気がつかなかったのですから。(^^;;



高田公園の蓮の規模が東洋一をうたっていることは

いままでの私にとって笑い話だったのですが

案外本当なのかもしれない?!

という気がしてきました😱

日本一なのは間違いないと思うのですが、、


こんな美しい花が

何千本、何万本と、次々に咲いているのですからー


20170804103400a8a.jpg





この美しさを、そのまま絵にしようと思うのですが、

絵はそんな簡単に描けるものではありません。



絵を描かない人は、たいてい

絵描きとは絵を簡単に描ける生き物だと

勘違いされていますが、

とてつもない生みの苦しみを伴います。



とても悔しいことですが、

この美しさはなかなか絵には描けませんから

是非トライしてみてください。笑



参りました!と頭をさげてしまうでしょう。

それほど自然が美しいということに感動します。




日本一のヒスイ、

日本一の花火

日本一の蓮に


夏を乗り切るパワーをわけていただきました。




私の夏の「美のツボ」でした。

Category: ✿越(新潟・富山・石川・福井)

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る