2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

天の橋立・真名井神社

 【27//2013】

幾野の道も遠かったです。 天橋立



rewo;q
やっと到着しました、日本三景。

なんと、15年ぶり☆



今回の旅は急に私が行きたいと言いだし、ドタバタで決まった旅ということもあり、
お宿が高級なところしか空いていませんでした。

mannho-ru
なぜか籠神社の位置を指さす娘、そう、そこへ行くのです。(笑)



お宿は一泊3000円のユースホステルを予約したのですが

行ってみて、びっくりしました。

そのホテルは、真名井ヶ原の神域内に佇んでいました。


子供たちは備え付けの2段ベッドに大興奮!
また泊まりたいと思うほど、きれいなお宿でした。


nitannda

夕飯はご近所の二反田さんというお料理屋さんへ。

おいしい肴とともにお酒がとまらなくなり、
結局宿泊費より高くついてしまいましたけれども。(笑)


まない1

朝、真名井神社へ

ここは、きっと神代の時代から変わっていないのでしょうね。

原生林・・・出雲の神魂神社と陰陽の関係にあるような雰囲気に感じます。




manaijinnjya
元伊勢籠神社 奥宮真名井神社

祭神 豊受大神

まない2

相殿には、罔象女命・彦火火出見尊・五大神がお祀りされているそうです。
背後の磐座は(右)豊受大神 (左)天照大神・伊射奈岐大神・伊射奈美大神

神社といいますか、もともと磐座の信仰がのちに神社になった。

manai




まない3
産盥の石

産盥というからには、ここに産屋を建て、真名井神水を産湯に使われたのかもしれません。

まない4

写真で伝わるでしょうか・・・


manainomizu
永久に湧き出る超神聖水、真名井

真名井(まない、まぬない)は、
全国の高千穂、出雲、重要どころに点在する神聖水の最高敬称。



まない5

私は神水で絵を描いているのですが、
今回も神のお力を拝借し、絵を清めていただきます。

キラキラと

まばゆいばかりの輝き。




Category: ◆若狭路、丹波(丹後)

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

ちっとご無沙汰してました!

今、記事を遡って拝見しています。

思想など、古代に戻るべきなどのご意見にちょい納得してしまいました。
全てではないにしろ、部分部分でそんな事を私も思ったりしていたので。

神水でひかりさまの絵は清められているのですね(・ω・,,
これからの作品づくりも、引き続き応援しております。

Posted at 05:25:04 2013/09/29 by MrNechel

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks