2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

皇大神社(元伊勢内宮)

 【02//2013】



この日は、朝から真名井神社~籠神社~古墳見学~大虫神社~小虫神社を巡り、

そこから直線距離で東南方向に、大江山麓を

わずか6キロ!!

6キロですよ!!こんどは

京都府福知山市大江町内宮に鎮座する

motoise030.jpg

ご存知、皇大神社にやってまいりました。

御祭神 天照皇大神

元伊勢三社の一社、吉佐宮の1つ。


motoise033.jpg
鳥居

社殿がまったく見えません。
かなり登る気配です。

motoise036.jpg

有名な神社なのに、なぜか猫の子一匹いない・・・



娘「まま、だっこ~」
私「ぱぱにしない?」
娘「嫌だ、ままがいいの~♪」

(T~T)足腰の鍛練。

motoise038.jpg
真名井の池

真名井。




motoise039.jpg

常緑の輪廻・・・



ここはまぎれもない匏宮、真名井。

motoise042.jpg

着いたようです。

参道が長いと、ありがたみも倍増します。

motoise048.jpg

ご挨拶に参りました。




motoise052.jpg
拝殿の左側に、龍灯の杉なるご神木。

すごいなぁ・・・しばし見とれる。

上の方だけ枝分かれしているし、民俗学者吉野裕子先生に言わせると

まるで蛇みたいだって。。。



そして

ふと、

根元の部分に目をやると・・・

私の足元に・・・



へ・・・




motoise056.jpg



蛇様がまた出ました・・・



どう考えても、同じ日に違う神社のご神木で

それも2回も、




しかもこちらは龍灯の杉・・・

さすがに、写真を撮る前に拝ませていただきました。

私はこのサインに気がつかないほど馬鹿ではありません。

motoise058.jpg

蛇様はすぐに消えました。

探す息子・・・

探さないで、だって神様なのですから



7mの大蛇の絵を描いたせいもあるかもしれません。


motoise049.jpg

私たちは

八百万の神々に

守られているんですね。


これだけは確かなこと。

常に心にとどめておかなくてはなりません。









Category: ◆若狭路、丹波(丹後)

Comments (5) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

きちんと大国主神がお出迎ですね。!

元伊勢は厳かで、大自然と調和しているようです。早く行きたい。

それにしても写真では摂社(末社)?が多いようです。

Posted at 21:55:52 2013/10/02 by 天孫降臨

Comments

呼ばれた

確かこの神社には黒木鳥居があったハズ。
樹皮がついたままの鳥居で、ここ以外には気多大社奥の院でしか見たことの無い珍しい鳥居。
早朝に訪ねた時に掃除のおばさんにどちらから?と聞かれて「神奈川県藤沢市」と答えたら感激して神社関係者と間違えられた。
この神社は近年まで寂びれていたのを藤沢市の古神道家が再興したらしく、その日がまさしく再興記念の例大祭の朝だったらしい。
近くには大江山があって、何かに導かれたと感じました。

Posted at 23:40:58 2013/10/02 by 縄文人(見習い)

Comments

天孫降臨さま

おはようございます。

カルト宗教がよってきそうな話ですが・・・

実は先週日曜日、諏訪神御誕生の地の伝承のある神社で、もう一度蛇様が現れました。やはり偶然ではないようです。

今朝ニュースで見ましたが、伊勢の遷宮は賑やかそうですね。
遷宮も社の再生復活祭の一つですね。

輪廻し続けるなんて、なんだか「ベニクラゲ」みたい。
あのベニは水銀朱でしょうか。笑

>それにしても写真では摂社(末社)?が多いようです。

実際はこの写真の5~6倍ありました。
「住吉神社」「玉作神社」などなど全て記されていました。

末社=境内
摂社=境外 違うかもしれませんが。

Posted at 09:29:01 2013/10/03 by こしひかりのあとりえ

Comments

縄文人(見習い) さま

おはようございます。
縄文さまも導かれていますね。

今朝、雲の上のお方よりメールのお告げをいただきました。

私は絵描きなので、描くのは絵だけと思っていましたが、
「書く」ということも少しやってみようかなという気になりました。

ですから鍛錬の為に、先日のお話は喜んで引き受けさせていただきます。

これから一年くらいかけて、
一から徹底的に古代史を学びたいと思います。

今朝、十日町市史を読みました。
感動しました。編纂した方は素晴しいですよ。

是非図書館へ行かれて読んでみてください!

Posted at 09:38:32 2013/10/03 by こしひかりのあとりえ

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 04:25:56 2013/10/06 by

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks