2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

個展御礼

 【30//2013】

おかげさまをもちまして
個展の全日程を無事に終了させていただくことができました。

土日は酒まつりもあり、
たくさんの方々にお越しいただくことができました。

本当にありがとうございました。

koten041.jpg
個展初日のオロチ雲

初日は台風が接近していました。
私が描いた八俣遠呂智がまた暴れてしまうのかと心配しましたが、
奴奈川姫が台風をそらせてくれたみたい。
酒まつりも雨が降らずに良かったですね!(*^^*)



遠くからわざわざお越しくださった
岡山のTさまはじめ、
群馬のAさま、新潟のKさま、
そして、頸城郡(くびきごおり)のみなさま、、、

応援してくださった全てのみなさまに
感謝御礼申し上げます。m(__)m

会期中にいただいたたくさんのご縁は、
私の宝物です。

みなさまからいただいたお心を胸に、
今日から精進し続けたいと思います。


私にとって奴奈川姫は
枯れることのない常緑のテーマです。

これからも応援お願いいたします。



一部ですが作品の紹介です。

koten053.jpg
神在月―高志から出雲へ 祝古事記編纂千三百年

2012年

横5m40cm×高さ180cm

純金の勾玉の中を、越の神々が出雲へと巡幸する。
先導しているのはプラチナの蛇。

写真では見えませんが(;;)


koten046.jpg
高志八俣遠呂智 -思想なき日本人へ

2013年

横6m80cm×高さ90㎝ 変形


古事記の原文そのまま
こしのやまたのおろちと読みます。

今回のメーン作品で、初お披露目となりました。

サブタイトルは意味深なので要説明(^^;

戦前戦後だけを見るのではなく、みんなで古代思想に回帰しようよ!
アニミズム信仰こそ、きっと根本なのだ!

100年後、200年後の未来のヤマト人へのメッセージです。

自分が死んだ後も、絵には訴え続けてもらおうと願っています。



この作品は、もう一人の裏の私が描いたみたいです。
といいますのも、あんまり描いた時のことが記憶にありません。

それ程、草稿から出来上がるまでがすんなりといった作品でした。

オロチというよりは子宮とか核の中のイメージが強いかもしれません。
気が付いたら侵(犯)されていたのは、一体・・・?


koten055.jpg
貝合せ「妻問い」

重文の貝合せよりも細かく上手に描いてやろう!という執念で作ったのですが、
正直ミニアチュールよりもきつかった・・・思い出の作品です。

根気よく時間をかけた甲斐もあり、
金盛りの仕上がりは自分でもわりと気に入っています。


koten064.jpg
岡山県のT様

まさかの岡山からの御来客・・・感激でした!
T様、有難うございました。

おみやげもこれまた感激!

koten051.jpg
陵王
2012年
六曲一隻

この屏風は、ネット上では初お披露目だったかもしれません。汗

能生白山神社春季大祭の陵王


沈む夕日に手招きをし、復活を示唆する。
ここの陵王を見ると、私の体内の血潮が波立つような感覚に陥ります。

波の形状は一見古典に見えて、実は古典ではありません。
私の体を流れる血が波立つように、
陰陽の引力でうねる抽象的な波。

koten076.jpg

今日は
朝から一週間休んだ仕事のつけを取り戻すため、大忙し。

陰と陽を結うお手伝いをするのが私の本業?のお仕事です。

めでたい!

神にウケヒをして、まぐわいをしてくださいね~。


ウケヒをし、

寿留女、(するめと読みますが、)
寿を留めた女は、

子生婦、子を産む婦、と書いてコンブと読みます。
子を産み、

そして、友に白髪になるまで、
友白髪・・・は、本麻です。

今日もおめでとう!

水引のように常緑の祈りを込めて
作りました。





Category: ◆本・新聞、その他

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

お疲れ様~

高志八俣遠呂智 -思想なき日本人へ

~斬新的な未来的な出雲を感じる~

能生白山神社春季大祭の陵王

~神像が私の心臓がどきどきする体感的なメッセージが伝わる~

死ぬ前に、一度 川崎先生の個展と丹後の旅をしたい!

Posted at 00:05:08 2013/10/31 by 天孫降臨

Comments

Re: お疲れ様~

> ~斬新的な未来的な出雲を感じる~

天孫降臨さま、ありがとうございます。
出雲の神楽にあるようなおどろおどろしい大蛇のイメージとは真逆の、純金の線描で表した美しい蛇にしてみました。今年は巳年ですし(*^^*)

気がついたら飲み込まれていた~

バックの顔料は鉄です!高志八俣遠呂智は「高志」ですから、勾玉を散りばめてみました。写真では見えません、、
変形で、パネルの片方が丸くなっています。
みなさん、あめのむらくもの剣の形ですか?とおっしゃられていましたが、

じつは、卵子の一部なんです。(笑)

Posted at 01:21:16 2013/10/31 by こしひかりのあとりえ

Comments

天孫降臨さま2

ってことは、蛇は、、、コソッ(笑)

そうゆうことなのですけれども、
私の口からは、なかなか説明できませんでした。

(//∇//)

たたらの炎は、ホトタタライスズヒメですものねっ!(笑)

オタクな方なら、きっとわかってくれるはず、、、
と期待しています。

Posted at 01:35:43 2013/10/31 by こしひかりのあとりえ

Comments

なるほど

 個展ご成功おめでとうございます(^o^)
 酒祭りの方もお世話様、ありがとうございました。

> じつは、卵子の一部なんです。(笑)

 なるほど、そーゆーことでしたか。
 妙に細長い蛇だと思ってました。
 ”刀形”についても「完成ではない」ことで納得できました。
 次回(?)の個展も楽しみにしてます。

Posted at 07:50:40 2013/10/31 by 赤城おろし

Comments

赤城おろしさま

おはようございます。8^^8←ミズラ

さすがオタク!

っって、失礼ですか?(笑)

次回個展は未定ですが、3年か4年に一度(オリンピックみたいに)
地元でやりたいと思っています。

末長く宜しくお願い致します。

Posted at 09:18:02 2013/10/31 by こしひかりのあとりえ

Comments

オタクって?

何オタクやねん?(笑)

Posted at 21:47:34 2013/10/31 by 赤城おろし

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks