2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

先代旧事本紀 現代語訳(作品が掲載されました!)

 【11//2013】

昨日は嬉しいことがたくさんありましたが、まずはトップニュースです!!
10月28日にとうとう発売されました!

記紀と並ぶ、三大通史書!
先代旧事本紀 現代語訳!!

ここに私の奴奈川姫の作品が2点、掲載されています。
未だ夢のようです・・・


kujihongi037.jpg

先代旧事本紀 現代語訳
安本美典監修・志村裕子訳


批評社
税込価格 7140円
判型:A5判、620ページ、上製函入
発売日 2013年10月28日

内容紹介文

わが国初の現代語訳成る!!
『先代旧事本紀』(十巻)は、『古事記』・『日本書紀』と並ぶ三大通史書のひとつである。自然や祭祀と密接な古代人の精神文化を背景に、物部氏の立場から日本古代を通史的に記す。
最も古いとされる卜部兼永の写本(天理図書館蔵・国重要無形文化財)の現代語訳に詳細な註記を付して、謎多き古代史の実相を解き明かす研究者必読文献。

引用サイト批評社




本をいただいたのが昨日だったので、私はまだ少ししか読めておりませんが、
文字が大きく、私のレベルでもかなり易しく読みやすいです!

あ、真名井の写真も♪

記紀と共にがっちりと勉強したいと思います。


今まで無視されてきた先代旧事本紀。

本書の発売とともに、
ヤマト統一から現代まで封じられてきた奴奈川姫が、
ようやく解き放たれたかのように感じています。


「天皇本紀上 綏靖天皇」の条では、
越の国「ヌナカワ」に対する世論の見方が
変わっていくことに、私は大きな期待を抱いています!!


Category: ◆本・新聞、その他

Comments (5) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

買っちまったい

楽天ブックスで購入してしまいました。

読みでがありそう(^_^;)

Posted at 12:47:11 2013/11/14 by 赤城おろし

Comments

赤城おろし さま

ご購入おめでとうございます。
感想はあちらで是非、お願いします!!

筆者の志村先生の論文は、前に「季刊邪馬台国」で拝読し
感動しましたので、よく存じ上げておりました。

安本先生の「古代物部氏と『先代旧事本紀』謎」は読まれましたか?
先にこちらを読まれたほうが、ワクワク感が倍増しますかと…(^^

Posted at 11:47:56 2013/11/15 by こしひかりのあとりえ

Comments

着た

 う~ん、難ひ…

 少なくても神名とか基礎知識が無いと読み解けないように思えます(^_^;)

 これを「私のレベルでもかなり易しく読みやすいです!」とのたまう日香浬さんは只者ではないと思います。

 まぁ、ボチボチ読んで行きまっさ(苦笑)。

Posted at 00:20:56 2013/11/19 by 赤城おろし

Comments

Re: 着た


記紀と同じ様に普通に読み物として読んだら
良いと思うのですが・・・

「宿禰」→「足尼」で「尾張」→「尾治」

ルビが無ければもはや読めませんが
読者にやさしく表記してありますし

凄いですね、旧事本紀!!


早速ふせんが20枚くらい付きました。

地名が気になって気になって・・・
三重の多気郡もチラホラと出てきますね。

Posted at 15:14:53 2013/11/19 by こしひかりのあとりえ

Comments

赤城さま

P602、P606の後半を是非ご一読ください(TT)
涙が出そう・・・

太平洋しか御覧になっていなかった「須羽」の方々が
一斉に日本海の方に振り向くかもしれませんね。

嬉!嬉!

自分の絵が掲載されたことは勿論この上ない喜びですが、
この本が出版されたということが、何よりうれしいです!!!

私が精進を決意したと同じタイミングで
この世に降臨して下さった先代旧事本紀!

現代語訳、さまさまです。

Posted at 15:42:29 2013/11/19 by こしひかりのあとりえ

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks