2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

森将軍塚古墳と須須岐水神社

 【30//2013】

千曲市森字大穴山の森将軍塚古墳へ行ってきました。

(全長約100m前方後円墳・4世紀代の築造)

morisyougun156.jpg

こんなに高い所(標高500mの急斜面)によく作ったなぁ…と感心するばかりです。

後円部の竪穴式石室(長さ8m、幅2m)は日本最大級のもので、
信州唯一の三角縁神獣鏡(片)、ヒスイの勾玉、鉄製の刀や鎌、剣などが出土。

石室内部は弁柄が塗られ、一部に朱も使われていたようです。

morisyougun158.jpg

日本のマチュピチュや~!(^^)

morisyougun165.jpg

左側から、
こんもりとした森が城ノ内遺跡、
手前に新幹線の線路、その向こうに並行して千曲川が横切っています。

左側の遠くの山には越将軍塚古墳(5世紀中・円墳)
真ん中が中郷古墳(5世紀・前方後円墳)
姫塚古墳(4世紀・前方後円墳)
麓の湿地帯は篠ノ井・塩崎遺跡群(弥生~平安)
石川条里水田跡(弥生~近世)

善光寺平、一望です!!

morisyougun169.jpg

凄い眺めです。
埋葬者は一体・・・?

morisyougun182.jpg

続いて、眼下の屋代というところに鎮座する須須岐水(すすきみず)神社へ。

地元では、ヤシロ(矢代)=事代主命の愛称ですが
何か関係あるのかな??

morisyougun217.jpg

現在の御祭神は、大國主命 生魂命 事代主命


看板によりますと、創建は悠久の古代。
1645年に今の場所に鎮座。
灌漑用水の守護。

本殿は1843年に矢代宿に大火があり、1851年に竣工したとありました。



morisyougun207.jpg
本殿横の烏帽子岩
烏帽子といいますか、私には大国主命(=男根)にしか見えません・・・(笑)

もともとは磐座信仰のようで、末社は石の上に建っていました。


morisyougun213.jpg

また境内にある式内社の祝社には、
お諏訪様が上社下社と祭神を分けてお祀りされていました。



morisyougun220.jpg

本来ならばミホススミノミコトも祀られていたはずなのですが、

またもや・・・(TT)

morisyougun227.jpg
美しい流造の本殿♪(^^)


帰路は、川中島を通って越へ。

我が土地では、12月1日に川渡り餅を食べるという風習があります。
そういえばもうすぐ!
武田節を流しながら帰ってきました。(笑)


吟じます♪ ←なつかしい(笑)


鞭声粛粛~ 夜 川を渡る~  BYらいさんよう


Category: ✿諏訪(信州)

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

北陸って、アスファルト、翡翠にしても日本海交易の中心的存在って最近感じていますねぇ~。アスファルトの存在は知りませんでした。

写真の高い場所で景色も最高みたいです。3年前に行った妻木晩田遺跡を思い出してしましました。九州にはこんなに高い場所で景色の良い遺跡は記憶にありません。





Posted at 23:18:02 2013/11/30 by 天孫降臨

Comments

天孫降臨さま

千曲川の氾濫から守るためでしょうかね~(^^)
どんな気分になるのか寝転んでみました。
いま鵜の浜温泉という場所に来ています。鵜といえば、、天孫降臨さん!と思っていました(笑)

Posted at 10:53:23 2013/12/01 by こしひかりのあとりえ

Comments

気になったので調べました・・・


春日山音頭 

2、信濃の川中島 謙信公がなけりゃ~
  ありゃ謙信公がなけりゃ~♪
  ただの川原だ 石原だ~
  そうだ そうだ そうだ その意気だ
  その心意気


作詞相馬御風、作曲中山晋平

出典 頸城の人びとの芸能 石田耕吾(著)

  

Posted at 10:28:51 2013/12/03 by こしひかりのあとりえ

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks