2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

坂城の史跡めぐり

 【22//2014】

260321013.jpg

昨日の上越市中郷付近・・・

上信越自動車道は、雪の為チェーン規制。


260321016.jpg

タイヤを交換していたらアウトでした。

妙高を抜けると長野県。


260321017.jpg

トンネルを抜けると、そこは春だった。


先週行った、長野市の大室古墳群です。

一瞬で目の前を通り過ぎ・・・

260321018.jpg


更埴JCTを、千曲川に沿って(上信越自動車道)まだまだ南下

あ、森将軍塚古墳が見えました!

車内からズームでパチリ。

真下の森トンネルを抜け、さらに南下。


260321019.jpg

上越からちょうど100キロ地点です。

坂城ICで降りました。

長野県埴科郡坂城、埴科と聞いただけでわくわくします(笑)


260321025.jpg

青空にぽっかり、

勾玉形の雲がお出迎えしてくれましたよ♪

(ちょっと無理ありましたか?笑)


260321028.jpg

びんぐし湯山の中腹にある、びんぐし湯さん館の日帰り入浴にやってきました。

露天風呂の眺望は最高でした。


お風呂情報はこちらから

びんぐし湯さん館HP
http://sakaki-kanko.com/modules/townnavi/index.php?lid=9

びんぐし山の名前の由来は、尾根の形がびん櫛に似ているからその名がついたと、
施設の入り口に「びん櫛」が展示してありました。

また駅のすぐ近くは青木下遺跡という、
土器が環状形に出土した古墳時代後期の遺跡があるそうで、
施設の休憩所には、しっかり遺跡の写真がパネリングしてありました。さすが信州。

260321032.jpg

子供からお年寄りまで楽しめるようになっています。

遊具めがけてまっしぐらに走っていく子供たち・・・



260321033.jpg

目的は大型スライダー!!


260321045.jpg

でも、かっぱちゃんは

こっちのほうがよかったみたいです。


260321055.jpg

子供を見るふりをして、

実は背後の山が気になってしょうがない私。


きれいな円錐形の山です。

信州の三輪山といった感じです。


260321062.jpg

そんなことを考えながら、子供と一緒にスライダーを楽しんでしまいました。。

ひゃっほー



今調べたら、岩井堂山という名前らしいです。




神楽が奉納されるようです。
http://sakaki-kanko.com/modules/townnavi/index.php?lid=50


260321068.jpg


つい子供と遊び過ぎてしまい、陽が傾いてしまいました。

周辺神社へは、時間がなくて
失礼ながら鳥居からご挨拶です。

埴科郡坂城町綱掛1538-8に鎮座する

村上大國魂社の参道です。竹林が清々しい参道です。

詳しくはこちらから

長野神社庁
http://www.nagano-jinjacho.jp/shibu/01hokusin/06kousyoku/12007.htm



260321070.jpg
千曲川を渡り、対岸へ

西宮神社


当たり前のことですが、日本海側からくると余計に
千曲川がとっても長いことに感動しますね!


260321074.jpg
鉄の展示館

鉄の文化の最高峰である日本刀の素晴らしさと、
匠の技を後世に伝承するための展示館だそうです。

坂城町が生んだ人間国宝(重要無形文化財保持者)「故宮入行平刀匠」や、
宮入一門の作品等優れた日本刀や刀装具を数多く展示。

260321071.jpg

横には、坂城町が生んだ人間国宝故宮入行平碑がありました。


260321076.jpg

村上義清ゆかりの地の看板

土壁と瓦屋根の、なんて素敵な雰囲気なのでしょう。

趣深い町並みを抜けると・・・

260321077.jpg

木の鳥居!

260321080.jpg

式内 坂城神社

長野県埴科郡坂城町坂城大宮 1253

大己貴命が祀られ、事代主命、建御名方命が配祀されています。

260321094.jpg

参道が変わらずまっすぐ通っているのがわかります。


260321086.jpg

写真でお伝えできないのが残念ですが、

昔のまま、まるで時が止まっているかのような神社でした。


260321091.jpg

本殿

260321096.jpg

村上氏館跡
満泉寺という立派なお寺が建っていました。

260321098.jpg

昌言神社

坂城は、本当に坂と城の町なのですね!

鉄と瓦屋根の白壁の家・・・奥出雲を思い出します。


260321101.jpg

旧北国街道を満喫。

更埴JTCは、現在も交通の要所ですものね♪

260321112.jpg

越の国にまいもどり・・・

260321114.jpg

寿司で熱燗が飲みたいというわがままな要望にお応えして、

こしひかりがこしひかりで寿司を握りました。

へい!らっしゃい!



あわせたお酒は、佐渡の北雪でした。

いつまで北は雪なのでしょう・・・









Category: ✿諏訪(信州)

Theme: 神社・神道

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (14) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

出雲と北信濃

確かに出雲と関係深いように思います。
中野市柳沢遺跡からは、銅鐸5個と銅戈8本出土。加茂岩倉遺跡と同じタイプのようです。一ヶ所からの出土例では、かなり多いとか。
叔父がその方の刀を収集してます。父親は免許がないので、その叔父に保管を頼んでます。
確かに奥出雲思えてきます。

村上義清は、武田氏・真田氏に追われて、上杉家を頼り、根知に城をもらって住んだそうです。武田家滅亡後、子供の代に信濃へ再び戻してもらえました。
上杉家はさすがと思うことの1つです。

高田平野とは、この時期一番気候の差があるのかもしれないですね。こしひかりさまから教えていただいた岡村先生の夏の都・冬の都説もなるほどと思えてきました。
大彦はそんなふうに移動したのじゃないかと。

それにしても、あのスライダーつい私も子供のあとにつづいたのですが、二度と怖くてできないです!!

Posted at 10:28:47 2014/03/23 by さらしなの里

Comments

鉄のストラップ

夫が、10年前に買った展示館のストラップを、大切にしてます。こちらからすると、刀なんて物騒だし、味もそっけもないストラップと思ってましたが、こしひかりさまのおかけで、ちょっと見方が変わりました!!

Posted at 10:49:48 2014/03/23 by さらしなの里

Comments

さすがさらしなの里さま、、、ご教示いただきありがとうございますm(__)m

ここは瓦の産地なのでしょうか、みなさん瓦葺きで白壁の、お城のようなお宅にお住まいで(*^O^*)
そんなところも奥出雲とも似た雰囲気で、奥出雲は瓦が産地と聞きました!
それで鉄の展示館があると案内看板に書いてあったのでドキッとしました!
刀は見るだけで背筋がゾクゾクしますね( TДT)さらしなの里さまのお父様や叔父さまが集められていることを知り、余計に目に見えないご縁を感じますp(^-^)q

柳沢遺跡、、、
長野県埋文センター周年誌「掘ってわかった信州の歴史」という冊子に出土品がのっているのを見てびっくりいたしました(@@)重なって出土している感じが加茂岩倉遺跡を思わせますね!写真なのでわかりづらいですが、出土品の銅戈の中に、出雲大社真名井遺跡出土の銅戈と似ているものがあるようにも見えます(@@)

上信越自動車道開通工事で遺跡が見つかったということもあるのでしょうけど、、千曲川沿い恐るべしです!
日本海から入ってきた文化と、近畿からきた文化が、北信で合流しているのでしょうか。興味深いです。

Posted at 16:31:34 2014/03/23 by こしひかりのあとりえ

Comments

岩井堂山

武田氏の狼煙の山でもありましたかー♪

妙高山にぶつかって高田平野に雪がどかどかと降っている時でも、山ひとつ越えた長野市は、びっくりするほど青空だったりします。なんでわざわざこんな大変なところに住んでいるのだろうと思うこともあります(笑)
でも鹿を捕獲するには、雪があったほうが捕れやすいみたいですけども、、、(笑)

わたし、以前坂城に来たことがあると思っていたら、高校の時に叔母に連れられ薔薇を見に来ていました。高校のころ、薔薇のアーチを作っていました(//∇//)スノーポールですが(笑)今では実家で野生化しています、、

Posted at 16:54:11 2014/03/23 by こしひかりのあとりえ

Comments

さらしなの里さま

妙高山にぶつかって、→雪雲のはなしです~汗、主語がありませんでした、スミマセン

Posted at 17:03:00 2014/03/23 by こしひかりのあとりえ

Comments

バラの名前、、スノーポールではなくて、、、(笑)

サマースノーでした(笑)

ずっと育てていたバラの品種の名前を忘れてしまいました(ToT)
ほったらかしていた罰かもしれません(T^T)

Posted at 07:28:38 2014/03/24 by こしひかりのあとりえ

Comments

坂城のバラ園

坂城のバラ園へ行ったのは最近なんです。
田舎だからたいしたことない、と思ってたのですが、予想外でびっくり!!

千曲川周辺の山々の風景に意外に調和してると感心したのです。
サマースノー白い花と明るい葉色の名前通り爽やかなバラですね。トゲ少ないし、バラは結構丈夫ですが、大雪も乗り越えて育つんですね。

Posted at 09:08:31 2014/03/24 by さらしなの里

Comments

さらしなの里さま

坂城のバラ園、すばらしいですね!!

5月にまた行きたいです♪♪

千曲川沿いだというのは覚えていたのですが、ず~っと、あれはどこだったのだろうと思っていました♪
おじさんが横のハウスの中で、挿し木でたくさん増やしていらっしゃって、私にもできますか?と尋ねると、1時間おきにミストをかけなきゃ駄目なんだよ~(笑)と言われ、諦めた記憶があります。(^^ゞ

坂城のバラ園でやる気をいただき、アーチの反対側にドンファンを植えて紅白にしよう!と思ったら黒点病になり・・・結局、サマースノーとピンクのアンジェラだけ生き残りました。
アンジェラは小布施のフローラルガーデンで買ったのですが、地に下ろしたとたん凄いことになり・・・フェンスが見えなくなりました。あれはモッコウバラの類いなのでしょうか?(^^;

サマースノーは相当強い品種なのですね!
大雪と台風でアーチが壊れても(今のアーチは3台目)、元気で毎年たくさんの花を咲かせてくれます♪

昔は毎日誘引して、友人に猫飼ってるの?と言われるほど(笑)手にとげのひっかき傷を作っていたのですが、嫁入り後は油粕をあげているだけなので、シュートが少なく成長が止まってしまっています。。。

さらしなの里さまとバラ談をしていましたら、高校時代の記憶が甦ってきました\(~o~)/
バラにつつまれたーいです(*^^*)うっとりv-238

Posted at 10:31:27 2014/03/24 by こしひかりのあとりえ

Comments

すれ違い

善光寺に向かってた私と何処かですれ違っていたみたいです(笑)。

坂城神社は式内社ですし”あんずの里”なんかも何度か足を運んでいます。
今度は”鉄の展示館”行ってみますね。

Posted at 21:23:17 2014/03/24 by 赤城おろし

Comments

アンジェラは千変万化

バラのお話しまでうれしいです。
「バラは植木じゃ。草花じゃないぞ!?」
と、バラの農家のおじさん。
剪定できるのです(ただし冬場)
特にアンジェラは、サツキの刈り込みみたいにも、くるりんアーチにも、フェンスにからませても、いろいろO.K.デス!

オーガニック栽培や、品種改良で病中害の少ないバラが盛んになってきて、小スペースやベランダでの栽培もできる、と友人から伝播しました。
アンジェラは丈夫だし、ハマナスがフサフサ咲いてるみたいに愛らしく大好きです。「これ育ててごらん」とオマケにいただいた赤ちゃん苗から育ったのですが、こしひかりさまと同じ花ある、と玄関出入のたびに、わくわく思いが増えました~☆

Posted at 08:16:14 2014/03/25 by さらしなの里

Comments

赤城おろしさま

そうでしたか(嬉)ニアミスでしたね(^^)

あたたかくなって行楽シーズンになると、
日本海側とは違い、いつも晴れている信州に行きたくなってしまいます♪
あんずの花もそろそろ咲く頃ですね♪♪

Posted at 09:32:58 2014/03/25 by こしひかりのあとりえ

Comments

さらしなの里さま

バラ談嬉しいです\(~o~)/
アンジェラはいくらでも伸びるのですね!!

さつきみたいに剪定できるのですか!

同じころに植えたラズベリー(半ツル性?)と競って庭で暴れていましたが
フェンスに括りつけて、ようやく落ちつきました(^^;
栄養が悪いせいか、いつも梅雨時に咲いてしまいます。
さらしなの里さまと同じバラと知り、私も嬉しいです)^o^(

Posted at 09:53:55 2014/03/25 by こしひかりのあとりえ

Comments

あんずまつり

今年は4月1日から4月18日だそうです。
http://chikuma-kanko.com/modules/contents/index.php?content_id=1

Posted at 07:57:43 2014/03/26 by 赤城おろし

Comments

赤城おろしさま

ありがとうございます。

きれいでしょうね~!
杏や桜の開花を待っている期間というのも、
わくわくしてまたいいですね♪

Posted at 10:29:11 2014/03/26 by こしひかりのあとりえ

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks