2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

日本の霊性 能生白山神社春季大祭2014

 【25//2014】

こしひかりのあとりえをご覧の優しい皆様に見送られながら、

格好良くこのウェブ世界から去ろうと思ったのですが(笑)


昨日行われた能生白山神社春季大祭が、あまりにも素晴らしかったので、

最後に大きな写真で追記させていただき、

いったんお開きとさせていただこうと思います。

共鳴していただけたら嬉しいです。



CIMG1008.jpg
日本海に浮かぶ「能生白山神社摂社の弁天さん」に繋がれたこいのぼり



昨日の夕方、能生白山神社にまいりました。


春季大祭の日には「必ず一羽の鵜がやってくる」と言い伝えられていますが、

画面右下に飛んでいるのは、その鵜かもしれません。

太鼓の音が響いています。



神社境内に入り、土田孝雄先生がいらっしゃったのでご挨拶にまいりますと

先生が「あれを見て!」と指をさされました。

目をやると、


CIMG1038.jpg



鳥居の中に



CIMG1034.jpg



日本海に、忌み籠ろうとする夕日の姿。




CIMG1049.jpg



沈む夕日に手招きをし、復活を示唆する陵王の舞。

わずか数秒ですが、まさにその場面です。


これが、日本の霊性なのだと感じました。


CIMG1016.jpg


沈む夕日とともに、緋色に輝く陵王。


日本画の顔料には「赤」という名前の絵の具は存在しません。

「緋色」(=日色)日の丸の色(^^)



CIMG1055.jpg


そして、陵王に惜しまれながら、夕日は沈んでいきました。


万葉集の


渟名河の 底なる玉求めて得まし玉かも

拾ひて得まし玉かも

惜しき君が 老ゆらく惜しも

(巻十三 3247 作者未詳)



この歌が、日の入りを惜しむ陵王の想いと重なります。



CIMG1077.jpg


榊を振り歓声を上げる氏子達


CIMG1094.jpg
稚児のお母さん達


皆に見送られ、陵王が舞台を去りました。


私たちが境内を去ってからも、

神社から「わー」という歓声が響き続けていました。



CIMG1104.jpg


神社すぐ裏の「尾山」は、西と東を結ぶ、霊力の籠る山。

動物も、植物も、この小さな山には
不思議と西と東が共存しています。


高志の国の三輪山のような存在と思っています。

桜が咲いていますね。







海に降りると、

嘘みたい。


CIMG1106.jpg


"なぎ″です。


もはやこしひかりの解説など必要としておりませんが、


"なぎ″は、神籬

"なぎ″は、建御名方命の結界

そしてこの神社の御祭神は、奴奈川姫命、大国主命、伊邪那岐命。



7時半とは思えないくらい

空の色が、いつまでも夕日を名残り惜しんでいるかように

虹色に輝いていました。



沈んだ夕日を追いかけ、自分もどうせなら
今日ここから潔く出航しようと思います。

"日に香る里"というのは私の名前ですが、母が里から大海に出れるようにと、

わざわざ三水をつけてくれ、「浬(かいり)」という字になりました。


今日が門出になれるように、私も逝ってまいります。



また時々朝日を追いかけ、ひょっこり顔を出しますね。



みなさん、どうか健康にお気をつけて、
またお会いする日まで!

ありがとうございました!!




Category: ✿越(新潟・富山・石川・福井)

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

すごい

何という迫力のある写真だろう@@
本物の日本という国を感じました。
本当にすごいな…。

Posted at 15:38:39 2014/05/14 by MrNechel

Comments

Mr.Nechelさま

中締めさせていただいてしまいました。m(__)m
今までありがとうございました。
そしてこれからもブログともどもよろしくお願いいたします。

Posted at 16:32:36 2014/05/14 by こしひかりのあとりえ

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks