2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

奉納させていただきました

 【02//2015】

IMG_2451.jpg

25日に無事奉納させていただくことができました。

御縁を結ぶことができ、あまりに恐れ多いことに涙が出ました。

皆様の温かいお心に深謝申し上げます。





この絵で描きたかったことは、御柱祭の迫力というよりもむしろ、

氏子さん共々神と化していくという、この地独特の精神的な部分だったのかもしれません・・・





Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

おめでとうございます

 幣拝殿の竣工と相まって、絵も映えて見えますねv(^o^)v

 現時点で、ここで御祈祷をお願いするかどうか分かりませんが観られるようでしたら見に行きます。

 何はともあれご苦労様でした。

 育児やら仕事やらで、まだまだお忙しいこととは思いますが御自愛下さいませ。

Posted at 07:58:44 2015/07/02 by 赤城おろし

Comments

ROBGHE

^^

Posted at 11:08:02 2015/07/02 by

Comments

赤城おろし様

ありがとうございます。拝殿の雰囲気がずいぶんやわらかくなりましたね。
なんて綺麗な檜皮葺!と見とれてしまいました。

こしひかりからの拙い屋根の完成お祝いでした。

Posted at 09:19:46 2015/07/04 by こしひかり

Comments

ROBGHE様

反響ありがとうございます^^

Posted at 09:22:26 2015/07/04 by こしひかり

Comments

御小屋の山の………

"御小屋の山のもみの木は里に下りて神となる"
……こしひかりさまの奉納絵画のお仕事を通じて、ほんとうに「御柱祭」の精神に近づけてきたように思います。
あらためて八ヶ岳の御小屋山の地図を眺めています。
こしひかりさまの絵画を、諏訪の神様もお喜びでしょう~☆

Posted at 08:48:57 2015/07/06 by さらしなの里

Comments

さらしなの里さま

さらしなの里さま、心より御礼申し上げます。
私ごときの拙作品が神様のご縁だけでこんなに素晴らしいお社に、、、本当に身分不相応すぎて、毎日神棚の前で平伏しております。(;;)
私にできることは、日々の精進のみです。涙

諏訪の地は、古代からのアニミズム信仰が現代の世にもずっとずっと生き続けている素晴らしい土地なのだと、改めて感じました。

Posted at 11:00:03 2015/07/08 by こしひかり

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks