2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

神渡 純米旨口

 【28//2012】

酒 御渡
神渡(みわたり) 純米旨口
販売元  株式会社豊島屋 
住所   長野県岡谷市本町3-9-1



諏訪のお酒です。「神渡」(みわたり)

諏訪湖の湖面が全面結氷し、昼夜の温度差で氷の膨張・収縮がくり返されると、
轟音とともに氷が裂けて、氷の山脈(高さ30cm~1m80cm)ができます。

その筋は、御神渡りと言われ、諏訪大社上社の建御名方神が、
下社の八坂刀売神のもとへ通った道筋といわれています。



古くから、氷が割れた方向と農作物の作柄の関係が記録の中で重視され、
そのデータは、現在の御渡り神事でも行なわれている「年占い」に反映されているそうです。

一般的には、

『結氷の早い年は豊作。遅い年は不作。』
『御神渡りのできた方向が下諏訪町の下社方面の時は豊作。天竜川方面は不作。』

といわれ、湖に氷の張らなかったいわゆる「明きの海(あきのうみ)」の場合も不作とされています。

最近、諏訪の方々は口をそろえて「近年温暖化で諏訪湖が凍りにくい」とおっしゃられてましたが、
今年は4年ぶりに御神渡りが見られましたね!



諏訪市博物館「諏訪湖の御神渡りについて」

こしひかりもTVのニュースで御神渡りができたことを知り、
これは諏訪へ行かなくては!とはりきっていたのですが、
2月は新潟県内の豪雪の影響で、家から全く身動きが取れませんでした。


御神渡りの音は、諏訪市博物館で聴くことができます。

氷が轟く音は、まさしく建御名方命の足音を彷彿とさせます。



やっぱり秋はさんまですね!

日本海の酢ガキとともに「神渡」を頂き、諏訪の建御名方様を思う・・・


Category: ◆本・新聞、その他

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

本当に

>古くから、氷が割れた方向と農作物の作柄の関係が記録の中で重視され、

↑ 他にも、昔の人たちって色々と凄いなって思うことが沢山ありますね。


さんま美味しそうだなtt
おなかすいてきました。

飯くってきます!

Posted at 22:29:28 2012/10/29 by MrNechel

Comments

旨口ですかぁ!

 今度、試してみますv-218

Posted at 00:41:25 2012/10/30 by 赤城おろし

Comments

MrNechelさま

天気予報が無かった時代…
祈祷や占いしかないなんて~考えられないです。(@@;
もし空の飛行機雲を古代人が見たら、龍神様が降りてきたというのでしょう。何かの天変地異の前触れかと思ってしまいそうですね。

秋のさんま♪
安くて脂がのっていて最高の季節になりましたね♪

Posted at 11:14:47 2012/10/30 by こしひかりのあとりえ

Comments

赤城おろしさま

肝心のお酒の味を書くのを忘れてしまいましたが・・・
「旨口」というのが何なのかわからずに
いただいてしまいました。

「辛口ではない」ということなのかなぁ(??)

甘口でも辛口でも無い、軽い印象の飲みやすいお味でした(^^

Posted at 11:51:49 2012/10/30 by こしひかりのあとりえ

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks