2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

阿蘇神社と科野国造

 【20//2016】



熊本地震で被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。


今なお余震が続いていて、不安な日々が続いていることと思いますが、
一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げます。

そして熊本城や阿蘇神社など、歴史的建造物が倒壊するというショッキングな映像を目にし、
何も出来ない自分の歯がゆさに、苛立ちすら感じます。

CgImpoiUAAA2.jpg
産経ニュースより 地震で崩れたとみられる阿蘇神社の建物=16日

ここ阿蘇神社ですが、祭神は健磐龍命。
別名の建五百建命と聞けば、ピンと来るのかもしれません。

科野国造であります。

神社に伝わる阿蘇氏系図によると、建五百建命は阿蘇から科野に来られ、御子の速甕玉に阿蘇を後継させています。
古事記にも「神八井耳命者科野国造等之祖也」と記しています。
また先代旧事本紀国造本紀にも、瑞籬の帝(崇神)の御世に神八井耳命の孫の建五百建命を国造に定められたと記しています。

(※長野県史では、科野直説の方を採用。)

すなわち、阿蘇神社の祭神は、カムヌナガワと兄弟、先日諏訪でお世話になったT先生の祖でもあります。
というか、神名がそのまま苗字なんです・・・日本の国ってスゴイですねぇ(^~^;

日本一の祭祀スペシャリスト集団の系譜です。

また、今大河ドラマで熱い長野県の上田市には現在も安曽神社(建御名方命を祀る)があり、
逆に阿蘇にも長野という所があり、長野阿蘇神社が確認出来ます。

同じ中央構造線上で阿蘇から諏訪へ。
そして諏訪から糸魚川静岡構造線で越のヌナガワへ。

まるで神々は地球の形成の仕組みを分かっているかのよう・・・
一本につながる神縁の糸を手繰り寄せながら、益々


肥後、頑張れー!!



エールを送りたいと思います。

Category: ✿諏訪(信州)

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks