2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

諏訪大社御柱祭!下社里曳き、木落し見学

 【10//2016】

20160510033915226.jpeg
諏訪大社下社の里曳きと木落しにご招待いただきました。

20160510033913336.jpeg

メンバーは、私と某会社社長と、某大学教授という気の合う三人組❣️

招待券を首から下げ、下諏訪の法被に腕を通し、LCVで御柱の様子を確認。

いざ出陣です!



20160510033656988.jpeg
来ました

20160510033656c8d.jpeg
長い長い

2016051003365466a.jpeg
いよいよ御柱

20160510033732fab.jpeg
ちょっと休憩。

休憩の合間ですら美しく交互に並べられた梃子からも、
諏訪の方々の御柱への愛情を感じることができます。

20160510033733846.jpeg
はい、ぽーず

2016051003373498c.jpeg
こちらも、はい、ぽーず

ミニ柱!かわいい❣️

20160510033737002.jpeg
木遣りの合図で、再び動き出します。

201605100337360dd.jpeg
よいて〜こしょ!

201605100338261c4.jpeg
昔もこうして木こり達が御柱を運んだのでしょうね。

いろいろな時代の里曳きのインスピレーションが湧き上がります。



20160510033827436.jpeg
こちらはスタンバイ中の木落し坂

横から見ると、本当に急です。

私も木落し坂を登ったのですが、立っているのがやっとでした。

20160510033828dcd.jpeg
観覧席

招待席は一番左上の真正面という特等席!

ここでワンカップを片手に高見の見物とは、
見物客はいい気なものだなぁ、そんなことを考えながら
木落し坂の真下の方へ行くと、

あっ!!

人混みの中、
諏訪大社の北島宮司さんと原禰宜さんのお姿!

お目にかかれましたのは昨年の奉納以来です。
感激のあまり思わず握手を求めてしまいました。



201605100338294ea.jpeg

よいてーこしょ

えいさー

20160510033831927.jpeg

いよいよ

201605100336183c6.jpeg
落ちます!

201605100336178d2.jpeg

20160510033615e16.jpeg

20160510033614501.jpeg

20160510033613517.jpeg

大歓声と拍手が、山に響いていました。

興奮したこしひかりは、木落し坂を登り、
御柱が落ちる瞬間を真横からも見学。

上からだと木遣りの声がこだまするんですね!

気がつけば、御柱に乗ろうとして止められた岡本太郎さんの気持ちがわからなくもない?
と思える状態にまで、高揚している自分がいました。

※民俗学的には、この現象を集団憑依と呼ぶそうです。

今回は安全対策の為、整備された木落し坂からの初木落しとなりましたが、
前の日雨が降ったおかげか、よく滑ったようで
いや〜良かった良かった!

諏訪のみなさんは、本当に勇敢でかっこいいです。
ホテルに向かう途中も、ずっと心臓がバクバクしていました。

201605100336590a8.jpeg
この日のお宿は、昨年家族でお世話になった紅屋さんです。
カニやアワビのステーキまでついた豪華な夕ご飯に、地酒で舌鼓をうち、


御柱祭を堪能した嬉しさを三人で分かち合いながら、ついついお酒がすすみます。(*^m^*)

20160510033658e31.jpeg

諏訪湖を眺めながら温泉を堪能!


翌朝、ホテルのチェックアウトをしようとロビーへ行くと

「お代はすでに頂戴してございます」とのこと。



えーー😵



諏訪流おもてなしに感服いたしました。
ご招待くださいました下諏訪の濱様、本当に本当にありがとうございました。


Category: ✿諏訪(信州)

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

お世話になりました

日曜・月曜の諏訪地方御柱祭の旅では大変お世話になりました。川崎様大変お忙しいのにおいでいただき、ご本人さまから直接奉納された巨大な日本画のご説明に一同感謝いたします。また懇親会には諏訪の皆様にもご参加いただき、奉納された経緯をお話しいただき、ようやく経緯の紐が解けました。昨年の出雲大社・今回の諏訪大社と素晴らしい旅になりました。幹事の皆様にもお世話になりました。祭り一色の諏訪地方お祭り価格の飲食には驚きましたが、あの祭りに対する情熱・・・・糸魚川には足りないなァ。地元に居ながら何も知らずに体と共に大きくなりましたが人生後半になってヌナカワ姫の繋がりによってみなさんとご縁をむすんでいただき感謝いたします。ありがとうございました。

Posted at 04:09:18 2016/05/17 by 糸魚川の野豚

Comments

糸魚川の野豚様

喜んでいただけて良かったです。こちらこそありがとうございました。いやー、糸魚川勢から直会だとたんまりお酒をいただいてしまい、日付が変わってもまだまだいただいてしまい・・・翌日朝は朝食をいただくまでボーとしていました。
諏訪の御柱祭はすごいですね・・・氏子さんの団結力と気迫は圧巻でした。上社では、御柱祭の安全を祈願いたしました。後半無事に終わって本当に良かったです。

Posted at 15:43:46 2016/05/18 by こしひかり

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks