2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

雄蝶・雌蝶は鶴? 金峯神社の王神祭 続編 

 【10//2012】

この神事で、神前に供えられているものですが、
とても興味深いです。

宮司さんのお話によると、
手前から、米俵・米・酒・三宝にお供え10ヶ・木の箱12ヶ
木の箱は昔のお酒の搾り器と同じ形なのだそうです。
そして、その搾り器には奉書で折られて作られた蝶形の白い紙飾りがついています。

一番奥にはそれぞれ4地域のご神体(それぞれの王神様=大国主命・須勢理姫命・奴奈川姫命)が
鉄の大きな熊手のようなものと祀られていました。

正面からの写真は金峯神社HPでご確認できます。

oujinn2.jpg

さて、大正生まれで、60年間にわたり結納品を作り続けてきたうちの祖母に
この写真を見せたところ、不思議なことを言いました。

この木の酒樽の上に飾られた紙で出来た白い蝶のような折りものは
昔から「雄蝶・雌蝶」と呼ばれる蝶形のだ。というのです。

「鶴??何故、蝶というのに鶴なのか??」

うちの祖母は、結納の祝儀物一式を作る際、既製品がなかったので
よくお銚子飾りの雄蝶雌蝶も一緒に自分で作っていたといい、
その場で私に紙を折って雄蝶雌蝶を作って見せてくれました。

私も毎週のように結納品一式を作っていますが、
祖母が折ってみせた雄蝶雌蝶は、スルメ折りをアレンジしたような
確かに蝶形の折り物でした。

「お銚子飾り」だから蝶というのかな?とも思えます。



祖母いわく、婚礼の神事のときに、雄蝶雌蝶とよばれる5才くらいの子供が
かん鶴(=燗鶴?冠鶴かも?)と呼ばれる酒器で
新郎新婦に酒を注ぐ(雄蝶:男の子は新婦、雌蝶:女の子は新郎へ酒を注ぐ)のが三三九度だというのです。




この神事で神前に供えられている雄蝶雌蝶も
確かに白ですし、大きさも比較的大きいので鶴が並んで羽ばたいている姿に見えなくもありません。


この件でもしご存知の方がいらっしゃいましたら
是非ご投稿お待ちしております。





追記 のちに取引先の水引問屋さんの古い本により、雄蝶雌蝶の謎を解くことができました。







Category: ✿越(新潟・富山・石川・福井)

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

雄蝶雌蝶

雄蝶雌蝶ですかぁ。
たしかに嫁入りの時に稚児の男女で雄蝶雌蝶という役割りがありますね。
うちには、「狐の嫁入り」を知人の和紙人形作家に21人(匹)飾りでつくって
いただいた家宝がありますが、この行列にも雄蝶雌蝶がいます。顔は狐なの
ですけどね。
調べてみると面白いかもしれませんね。きっと何らかの重要な意味があるの
かもしれません。

Posted at 20:43:17 2012/11/10 by ムラマサ★

Comments

ムラマサ★さま

ムラマサ★さんありがとうございます。

「狐の嫁入り」の雄蝶雌蝶ですか、おもしろいですね(@@

雄蝶雌蝶はだいたい稚児がやるようですね、、、
天津神社・奴奈川神社の舞楽奉納の稚児舞でも、
蝶のような羽根を背負うものがありますし

何か関係があるのか、舞楽を研究されている先生に聞いてみます。
蝶は別の生き物に宿れるのかもしれませんね。


↑文章を訂正しました
急いで書いた記事だったので、文がめちゃくちゃで失礼いたしました。m(TT)m

Posted at 05:11:39 2012/11/12 by

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks