2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

出雲から越へ、お客様

 【19//2017】


今朝、出雲からお客様がみえました。

新幹線駅の改札口でお出迎えしていると、改札の向こうから、

優しいお人柄が全身に滲み出ているような好青年が

出てこられました。

お声がけすると、やはりIさん!(^-^)



ようこそ越の国へ!

ご多忙中にもかかわらず、こしひかりに会いに、

わざわざ出雲の国からお越しくださったのでした。



朝早く拙宅で絵をご覧になられ、古事記談議に花を咲かせていたら、

あっというまに昼になってしまいました。

富寿司さんでゆっくりとお寿司をいただいたあと、

限られた時間でしたが、奴奈川姫の里をご案内いたしました。


2017061902175737b.jpg

居多神社にある、古事記奴奈川姫への妻問いの歌碑を、

じっくりご覧になられるIさん。

こうやって、出雲の方が時代をこえて

出雲大神と同じ地に立たれているお姿を拝見するのは、

越の民として嬉しい限りです。



数年前に、藤岡大拙先生と出雲の皆様御一行を、

この場所にご案内させていただいたことを思い出しました。

御一行は、私の玉造温泉での個展がご縁で、

お越しくださったのでした。

ご縁というのは不思議です。




それにしても、出雲から越は遠いですね!

二年前は奉納もあり、7回くらい出雲まで車で通いましたが、

それでも片道9時間はかかります。


Iさんは、昨日、米子から高速バスで京都に出られ、

サンダーバードで深夜に金沢入りされ、

今朝、北陸新幹線で上越入りされたとのことでした。




やはり、どんな交通手段を使っても、

昔も今も、出雲からは距離は変わらず、遠遠し越の国なのですね。


20170619021759077.jpg

夕方のお散歩

充実した楽しい一日でした。

Iさんは無事着かれたかな、本当にありがとうございました😊。


Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks