2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

居多神社(越後國一之宮)へ七五三詣り

 【13//2012】

■居多神社(越後國一之宮)

 祭神: 大国主命・奴奈川姫命・建御名方命
 鎮座地:新潟県上越市五智6-1-11


日曜日、居多(こた)神社へ七五三詣りに行きました。
息子5歳の初袴、娘3歳(数え)の髪置きでした。

馬子にも衣装です。(笑)
七五三
夜なべに着物の肩上げをしたついでに、暴れても着崩れないようにと
襦袢と着物を縫いつけておいたのですが、これが正解でした。
当日は曇り空でしたが、神社が海の近くなので風が強くて…。


さて、神社のお話ですが・・・
私が住む新潟県上越地域には、一之宮と呼ばれる神社が二社あります。
一社は糸魚川の天津神社並びに奴奈川神社。もう一社はここ、居多神社
どちらも奴奈川姫が祀られていますね♪♪

一之宮といえば、新潟市には弥彦神社という立派な一之宮が、佐渡にも佐渡国一之宮がありますが、中世では上杉謙信ゆかりの居多神社が一之宮として君臨していたようです。

謙信死後、跡目争い(御館の乱)に巻き込まれ、影虎側だったこの神社は、景勝の手によって焼失。
社家の花ヶ前家は各地を転々としましたが、その後再興。
(宮司花ヶ前先生は上杉謙信の研究家でもいらっしゃいます。)

明治6年に県社に列格しましたが、もともと海岸近くに鎮座していたため海岸侵食により境内が崩壊、明治12年現在地の場所に移り、
2008年にやっとの思いで落成した社殿が、この大社造の社殿です。


七五三
木の香り漂う新築の社殿に、揺れる娘の河童頭。


この「居多神社」ですが、延喜式神名帳では「居多」「けた」と発音していて、
能登の気多大社の系統とも言われています。

新潟から能登半島は遠く離れた場所のように感じますが、
こしひかりが思うに、カヌーに乗って能登島あたりから出航すれば、
一晩もかからずに居多ヶ浜(居多神社近くの海岸)まで来れるのではないか、
・・・などと思っています、許させるものなら実証してみたいものです。(笑)

昔話では、大国主命は奴奈川姫に会いに越の国に来る際、
居多ヶ浜から上陸したとも言われているんですよ♪
(居多ヶ浜は、親鸞上陸の地でもあります。)

神社境内には、大国主命と奴奈川姫、建御名方命の親子むつまじい姿の石像や、
古事記で大国主命が奴奈川姫に求婚しにやってきた時の歌(妻問いの歌)を書いた碑などがあります。

また、この地は国府のあった場所で、代々国司の厚い保護を受けてきました。
親鸞聖人も居多ヶ浜上陸の際に一番に参拝に参ったといわれ、
聖人にまつわる越後七不思議の一つ「片葉の葦」が群生していることでも知られています。

摂社に雁田神社、稲荷社が鎮座しており、神社の狛犬は市の指定。


などなど、
小さな頃から慣れ親しんだ地元の神社の説明を書いていると、
この地にはすばらしい歴史があるということに、今さらながら気が付きます。

参拝を終えて、神社から千歳飴、矢、お札、お守り、お神酒をいただきました。
神様、これからも末長く子供たちを見守ってください。

Category: ✿越(新潟・富山・石川・福井)

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

おめでとうございます

 七五三 おめでとうございます。

 居多神社は、数年前にお参りし宮司さまに御朱印を書いて頂きました。
 能生 白山神社の境内社の扁額なども書かれている如く、中々達筆な方ですよね?
 残念ながら新社殿になってからまだお参りに行ってません。

 11日は田伏の奴奈川神社に行き短い時間でしたが、宮司さまと七五三ほか”人生儀礼”の意味合い、神社の在り方 等についてお話をさせて頂きました。
 その後、糸魚川市で開催された”翡翠鉱物展”に行き、実行委員もされている土田先生とお話させて頂きました。何でも来月新刊本を出されるに当たり、その帯書きをひかりさんが書かれているとか? また読ませて頂きます。
 帰りに姥ケ嶽神社に寄り(4回目?のお参りです)彫刻を堪能してきました。
 更に川崎茶舗前を通って帰途につきました(^o^)

Posted at 21:37:54 2012/11/13 by 赤城おろし

Comments

お子さんがッ!

かわいすぎてもうアカンとです(笑)

Posted at 08:11:22 2012/11/14 by MrNechel

Comments

赤城おろしさま

ありがとうございます(^0^)
>能生 白山神社の境内社の扁額なども書かれている如く、中々達筆な方ですよね?
そうでしたか!知りませんでした。謙信の研究家として著書をたくさん出版されるなどご活躍の有名な先生です。
 土田先生の著書に、恐縮ながら自分のヘタな文章を少し載せていただきました。とても恐れ多いことです。
姥ケ嶽神社4回目!すごい!姥ケ嶽神社も田伏奴奈川神社も独特の雰囲気ですね、古代から変わっていない様な…奴奈川神社、線路側付近が怖いくらいです。
前通ってくださったんですね、ニアミスでした(TT)日曜は宴会していました(笑)またお越しください(^^)

Posted at 10:55:35 2012/11/14 by こしひかりのあとりえ

Comments

MrNechelさま

えへへ、ありがとうございます。(^^)
この日の為に河童頭をキープしました。
戦前の子みたいにハサミでザクザクっと♪♪

Posted at 10:58:42 2012/11/14 by こしひかりのあとりえ

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks