2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

美術鑑賞ツアー

 【09//2017】


頸城バスに乗って

フカミ美術さん主催の美術鑑賞ツアーに参加しました。

まずは長岡の県立近美へ。

NST開局記念「加山又造展」が開催されています。


201708091008006cb.jpg


ここ10年、美術館へ足を運ぶことなど殆どありませんでした。

子連れだと博物館へは行けますが

美術館は無理!と諦めていたのでした。涙


この日は、久々にゆっくりと流れる時間をかみしめながら

美術鑑賞ができました。涙


心が洗われます。


20170809100801602.jpg


続いて駒形十吉記念美術館へ。

NST開局者である駒形十吉がコレクションした

加山又造作品をここでも堪能!



加山先生には、もう少し長生きしていただき

お年とともに枯れていく作品も拝見したかったなぁと思うと

亡くなられたのが残念でなりません。


10年前、同じ作品を鑑賞したときには思わなかったのですが、

今回の鑑賞で、加山先生がいろんな作品に影響されて

作品づくりをされていたことが

一点一点、手に取るようにわかりました。



個人的には、日本の、とくに

波の意匠シリーズが大好きです。




さて、ランチは、ホテルニューオータニで❣️

その後、頚城区にある

樹下美術館へ参りました。


樹下美術館は、

医師である杉田館長さんのご夫妻が経営される個人美術館。



奥様はうちのお客様で、

さらに奥様のお母様と祖母が花仲間だったというご縁も重なり、

今まで何度かこちらへお邪魔させていただいたことがあります。



訪れる季節によって趣が異なる

ハイセンスな佇まいの美術館です!


20170809100804ab3.jpg


芝生と稲の緑が繋がって、

果てしなく広い草原のような風景を生み出していました。


この美術館では、館長さんのお父さんの代から蒐集された

地元作家、斎藤三郎さんの陶器と

倉石隆さんの洋画を鑑賞することができます。



美術館の設計も

柔らかい光が間接照明のように入るように設計されていて、

すごくいい雰囲気なんです。


館長さんから、作品とのなれそめなどをご説明いただき、

倉石隆芸術と斎藤三郎さんの陶器を堪能しました。


201708091008033f8.jpg



横には喫茶コーナーがあり、

軽食やお茶が楽しめるようになっています。


ケーキのお皿は、100年前のアンティークシェリー!

リッチな気分で素敵なマダムたちと

このタルトをいただきました。


すると

あなたお若いんだからもう一つ召し上がれ❤️とおむかえのマダム。

え、いいんですか?としっぽをふって🐶

そのあとモンブランまでいただいてしまいました。🤗


樹下美術館さんも、喫茶コーナーも

こしひかり一押しです!



眼福、満腹で

至福のひとときでした。








Category: ◆本・新聞、その他

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks