2018 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 10

熱田神宮詣り

 【16//2017】



名古屋の熱田神宮へ参拝にまいりました。



20170816105347e7e.jpg


少し小雨が降っていましたが

涼しい中で参拝ができました。


20170816105349551.jpg


御神体は言わずと知れた

三種の神器、天叢雲剣(草薙御剣)です。


同時に、天照大神の御霊代(熱田大神)として

お祀りされています。



20170816105354b65.jpg



この巨木は

ここで御神体を見ていたのでしょうか



20170816105352d8c.jpg


絵描きの作品では、

たいてい天叢雲剣に頭椎大刀が描かれていますが、

実はこしひかりはこれに違和感を覚えるのです。


私的には頭椎大刀は装飾的要素が大きく、

実践向きではないと考えています。


ですから『景行天皇と日本武尊』の表紙絵では

有柄式の鉄剣を描いたのでした。


おそらく天叢雲剣を有柄式で描いた絵描きは

私が初めてだと思います。


誰も見たことはないですけども、、🤗



天叢雲剣というのは、

もともとコシノヤマタノオロチから出た剣ですから、

もしかすると

越の人が持ってきた産鉄技術を

出雲の人が鍛錬して剣にし

それが大和の手に渡り

三種の神器として、

ここ熱田神宮に納められているのかもしれません。


剣、そして勾玉


いずれにしても、三種の神器のうちの二つは

越と関係があるということになります。


では越っていったい何なのか、

ということになろうかと思います。🤗



あまりそういうことを言ってくださる先生は

いらっしゃらないのですが

今月号の季刊邪馬台国、志村先生のご論考のように

越の奴奈川が神格化された時代が

あったのかもしれません。




そんなことを考えながら、

折角名古屋に来たのですから

コメダ珈琲本店へ

20170816105350c89.jpg

本場のモーニングをいただこう

と思いながらも、

結局よくばりな私はあれもこれも頼んでしまいました。


ここの味噌カツサンドが

絶品でしたよ!






さて、来週は

長岡と上越とで、講演が二つあります。

三種の神器のお話も織り交ぜてみようかと思います。


残暑を乗り切って

がんばりまーす‼️



Category: ◆大和神話縁の地

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks