2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

お諏訪さま、お礼参りの旅in能登①

 【26//2017】



能登は越なのか?

とみなさん、疑問に思われるかもしれませんが、

万葉歌では越として歌われています。



などと、たびたび講演などで申し上げてまいりましたが、

ほら、やっぱり能登は越です‼️


20170926061801167.jpg

能登にやってきました‼️

能登は、出雲さながらに

地名で神々の名を追うことができる

神々濃厚地域!



ここは能登半島西部、千里浜。

浜辺の砂が細かいので、波打ち際をドライブできる

夢のようなスポットです。


20170926061759c44.jpg


弥生時代、

あのきらめく水平線の向こうから

大国主命が

たくさんの船を引き連れて



20170926060903da8.jpg


やって気多‼️


大国主命の船を待つ奴奈川姫の気分です。

きっと、ここでこうやって待っていたのでしょうね。

大国主命が我が妻❤️とおっしゃられ

東間の地名が生まれたと

神社伝承に残っています。



さて今回は失礼ながら

大国主命を祀る気多大社には立ち寄らず、

お諏訪さまメインでお礼参り。


20170926060902fe7.jpg

わー😍

桜貝がおちてます‼️

私が古代に生まれていたら、間違いなく

ネックレスやピアスにしてます‼️



能登へ来て、まず向かった先は


201709260609040be.jpg

鎌の宮

この鎌の宮は、ちょうど能登半島の付け根を横断するように走る

邑知地溝帯の際に位置しています。


20170926060906305.jpg


大国主命とともに、邑知潟に住む大蛇を退治した

そのとき、お諏訪様は左鎌で先頭をきったといいます。



詳しくは、拙書お諏訪さま物語後半をご覧ください。



その功績を称え、

能登では毎年ここで風鎮めのための

薙鎌打ち神事を執り行っているそうです。


お諏訪さま、拝


続く





Category: ✿越(新潟・富山・石川・福井)

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。