2018 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 10

お礼参りin能登③ 真脇遺跡と数奇屋の原点

 【29//2017】




能登の真脇遺跡へやってきました!



201709290218404d0.jpg


三匹の子ブタちゃんたち、

興奮のあまり走っていってしまいました。笑


藁の家を作るのか。

木の家を作るのか。

レンガの家を作るのかー。



強風に耐えれるばかりが「いい家」とは限りません。


藁や木の家が歪んでくれば、

日本人は、それを「わび、さび」と呼んで

重きを置いたりもします。





今日は、記事が長いですが、我ながらいい話です。


20170929021842de4.jpg


真脇遺跡は、縄文の巨木信仰跡の遺跡で

諏訪大社のおんばしら祭のルーツ!!



であろう、ということで、


今回の旅の目的は、お諏訪さまへのお礼参りですから

ここへは必ず来ないと!と思い、やってまいりました。




20170929021842162.jpg


すごい!


5000年の間、

縄文の人たちがこの真脇に住み続けたのですね。



5000年です!

真脇の人たちは、イルカの群れを追込み、

食べていたといいます。


なんと、このイルカ追込み漁法

昭和30年代までこの地で行われていたといいます。



もし縄文から追込み漁をやっていることが証明できれば、

世界ユネスコの無形文化財級の日本の宝‼️

ではないかと思うのですが、(◎_◎;)?!

そう感じるのは私だけでしょうか。



真脇遺跡の縄文人は、イルカの他にも、マグロやカツオ、

ブリ、美味しいものは何でも食べていた

グルメ人だったようです。


イルカの骨は、おそらく煮て、

骨の髄から膠を取り出したあと、

背骨に放射状にスジをつけて、小さな孔をあけ、

ペンダントなどに加工していたようです。

201709291205456ee.jpg

出土品のイルカの背骨のペンダントトップに

触らせていただきました。



お洒落の為に❤️と考えると現代的ですが、

次の漁が、うまく行きますように、

命がけでイルカを獲って、いただいた命、

自然や神へ感謝と願いをこめて🐬

お守りとして首から下げていたのだと思われます。


縄文人にとっても、

イルカは頭が良くてかわいい生き物だったはず!

だから余計に命の重みを感じていたのではないかと

想像してしまいます。




この場所も、ここに住む縄文の人々の心も

豊かであると感じます。



間違っても、


捕鯨反対ー!💢

諏訪大社の蛙狩り神事反対ー!💢


などと反対ばかりして、

動物や神、自然に感謝するという根本的なことを

忘れてしまうような人間には、育たないはず

と思います。



20170929021844c4c.jpg


驚くことに、この真脇遺跡には

縄文時代すでに全国各地の土器が集まっていて、

この地が、物流、交流の為の

「海のハイウェイオアシス」

のような存在であったことが伺えます。



ここオリジナルの真脇型土器と呼ばれるものは、

私ども新潟県から出土する火焔型土器のような

ダイナミックさには欠けるものの、

繊細な模様と比較的薄作りで丁寧に作られた

惚れ惚れするような美しい芸術品とも言える土器でした。

きめ細かい細工が出来るのは、能登の土がいいのもあるのでしょうね‼️


真脇型土器、形も御柱なのかしら?




真脇遺跡では、

柱をふくめた出土品の数多くが、国の重文指定ということで、

写真を撮るにあたり申請書を書かせられましたが、

撮影理由は個人で楽しむ為ということにしてしまった為、

ここで紹介できないのが残念です。


全国から集まったものは、勿論土器だけではなく

装飾品や生活用具などの出土品も。



そうです!



糸魚川産ヒスイの玉!!

下諏訪産黒曜石の鏃!!




やっぱり、セットで登場!


糸魚川にも寺地遺跡という縄文の巨木信仰跡の遺跡があり、

金沢市にも、やはり同様に巨木遺跡、チカモリ遺跡があります。

そして

諏訪のおんばしら祭に繋がっている!!


でしょう!!



2017092902184501c.jpg


連休だというのに、この素晴らしい遺跡には

私たちの他に誰もいませんでした。



縄文の巨木遺跡は、

青森の三内丸山遺跡だけじゃありません。



真脇遺跡、チカモリ遺跡、寺地遺跡!!

巨木遺跡、全国四ヶ所のうちの三ヶ所は



越にありますっ‼️



とはいえ、この時代に越という区分は

まだ無かったでしょうけれど、

これが弥生へ繋がるということを念頭に置いておかなくてはなりません。

ヒスイも黒曜石も、弥生に繋がっているのですから。


20170929021847bc7.jpg


とりあえず、ここに来たら

寝転んでみます。


草だらけになって、最高に気持ちいい〜🤗



青空のパワーが、おんばしらを依代にして

まるで、自分に集約されているみたい。



自然と、神とも、

一体になれた気がしました。



20170929021848bb7.jpg

そして、まだまだ見どころがありました‼️

遺跡の横にあるこの小屋は、

な、な、なんと‼️

鉄を一切使わずに建てられたのだそうです。


えーーーー!!👂



我が耳を疑いました。


鉄斧さえ使ったことのない

現代っ子の私には、考えられません💦


20170929021851822.jpg

もちろん、木の伐採から、

手作りの石斧を使用したのだそうです‼️

すごーい‼️


これを建てたのは、自分達だというおじさん二人。

あれこれ話していたら、

楽しくて小屋から出られなくなってしまいました。



上の梁ほどの太さの木を切り倒すのに、

だいたい石斧で30分くらいかかるのだそうです。

チェーンソーなら20秒もかからないところでしょうか。


世界でたった一つの小屋ですね‼️




201709290218508cf.jpg


小屋は二階建てで、

荒々しい石斧の手斧削りで作られたハシゴを経て、

二階に登れる仕組みになっています。



壁は隙間を土で埋め、20センチくらいの厚さで壁を作った後、

その上から屋根を吹いているのだとか。


これぞ、元祖、数奇屋作り‼️

元祖、手斧削り‼️



😭




さて、ところで、みなさんは

茶の湯の「数奇」とか「サビ」の語源が、

スサノオ命の「スサビ」からきていることを

ご存知でしたでしょうか。


私め、ある雑誌を読んで、最近知ったのですが、

荒々しい、凄まじいという意味のスサビに対して、

物静かな茶の数奇やサビは、まるで結びつかなかったのです。


しかし、

この小屋の荒々しさは、まさしく「数奇」という言葉になる前の

「スサビ」である‼️

と確信致しました。


千利休は古代人の心をもった人だったのですね。

ここにいると、自然と一体、自然に守られ、

自然の中に生かされている感じがします。


自然と一体という意味では、

新潟県出雲崎町が誇る良寛和尚も感覚が似ていて、

良寛は、数奇という言葉が今みたいに固定化される前の、

奇人的な数寄者なのだ、笑、と、私は思っています。



大切にしながら自然を楽しむのか、

自然のまま自然を楽しむのかという違いはありますが。




かの先代旧事本紀を現代語訳された志村裕子先生は、

古いものを大切に大切にする

茶の湯の精神の根源は、

三種の神器を伝来する心にあることを

指摘していらっしゃいます‼️


😭



ちなみに、こしひかりの家の茶室は、

祖父が柱一本から蒐集して作った数奇屋作りです。


小間を増築の際に、

柱に手斧削りを施そうということになったのですが、

もう手斧で削れる職人さんが京都にしかいないということで、

柱を全部、京都へ輸送。

当時、手斧で一面削るのに2万5千円。

柱なので一本につき四面あって、その柱が何本あったか、

兎に角、削るだけでめちゃくちゃお金かかったー!

(だから大事に大事にしてよねという意味で)

と嘆きの声を先祖から聞いています。


20170929050340faf.jpg

我が家の茶室、小間「聴松庵」の、

手斧の柱と藁スサ混じりの土壁です。

藁スサのスサは、まさしくスサビから来ていて、

ここから数奇や、サビいう言葉になったのではないかなぁーと。



個人的には、待庵のように

もっとスサを粗くしてほしかったのですが。😅

手斧の柱にも、怖いので一切、手は触れていませんが、

毎日濡れ雑巾で拭いてあげれば、

春慶塗りを施したような、つやつやの柱になるのでしょうね。




古いものを代々継承する心は、三種の神器から。

ボロボロの茶器が、三重の箱に入っていたりして、

そういったものでも、私はわりと平気で普段使いにしてしまうので、


箱なんて邪魔くさいなぁ、

と思ってしまっていましたが、道具に失敬な話でした。😅


茶道具は、三種の神器と一緒で、

古い古い国の宝を預かっているんだ!

くらいに、思わなくてはならないのかもしれません。


思いがけず、草薙剣を預かってしまった宮簀媛のように。😅




自然の劣化は、もはや仕方ないとしても、

大事なのは、受け継いでいこうとする精神なのですね。😭



20170929021853bb9.jpg

さて、話を戻しますが、

よく遺跡に建っている、古代を再現して作った住居というのは、

ジメジメしていてカビ臭くてクモの巣かかっているのが典型的です。


ところが、この小屋は、本当にそれとは間逆で、

風通しが良く、からりと明るく、とても居心地がいいのです。


おじさんは誇らしげに

風通しの穴が四ヶ所あいていて

開閉できる仕組みを説明してくださいました。

すまいを快適にする、元祖、窓!といったところでしょうか。


日本人は、工夫をどんどん形にして、

それを受け継いできているのだと、改めて感じました。



2017092902185457b.jpg

縄は、苧麻を編んでこしらえたそうです。

これにも感動!

昭和村でしか栽培していない苧麻繊維を

どこから手に入れたか訪ねると、

福島県の昭和村まで行ってきた!とのことで

びっくり!


恐れ入りました〜!!!!!



20170929021856328.jpg

息子よ、

よく見ておきなさい。

これが、日本の数奇屋建築の原型なのだよ。

と、言いながら、

自分でも、そうだったのかー‼️を連発していました。


20170929021857ece.jpg

おじさんの携帯より

これが、この小屋の、骨組みの時の写真。


柱を建て、桁を渡すと、鳥居になる。

これこそ日本の建築の原点ではないか。

などと、拙書に偉そうなことを書いてしまいましたが、

的はさほど外れてはいないかも、などと頷いてしまいました。


201709290218591c7.jpg

これが、小屋を建てる時に使ったという石斧!!


膠で接着したのかと思いきや、

はめ込んでいるだけだそうです。


20170929021900ff2.jpg

このおじさん、

真脇遺跡の発掘作業で自分が掘り出した

模様入りの粘土ビーズの写真まで見せてくださいました。


さすが、真脇の人!

恐れ入りました!!!!!



私はこの遺跡から、

たくさんのことを教わりました。



連休なのに、こんなに素晴らしい場所に誰もいないなんて、

なんて勿体無い‼️

私は声を大にして言いたいです‼️



日本のみなさん‼️

是非、真脇遺跡へ行ってみてください‼️











Category: ✿越(新潟・富山・石川・福井)

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks