2018 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 12

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

クジラ料理

 【29//2017】


クジラ🐋料理2連発


クジラのアブラが苦手という人と、大好きという人と、

こればかりははっきり分かれますが、


我が家の家族は、クジラ汁が大好きなので、よく作ります。


ナスと玉ねぎと煮干しダシをたっぷりと入れた

味噌仕立てが私は好きです。


20171129095114e24.jpg

上越は味噌仕立てのクジラ汁が主流なのですが、

中越のほうへ行くとびっくり!すまし汁に変わります。

クジラ汁も、所変われば味もかわるものだと驚きました。



この日は、いただきものの今半のローストビーフと

お酒は、鳥取県境港にお住いの華道家の大先生からいただいた、

純米八郷というお酒を合わせました。


この八郷というお酒、びっくりするおいしさなのです。🤣

大山山麓には神社巡りの為に何度か泊まりましたが、

お水もお米もとっても美味しいところでしたよ!


また行きたいなー。




20171129095113304.jpg


続いて、こちらはクジラの刺身です。

刺身となると、さすがに子供は食べません。


赤身のクジラを見ると思い出すのが、クジラの竜田揚げ!

私はおそらく、これが給食で出た最後の年代だとおもいます。

第二次ベビーブーム(団塊ジュニア)終焉世代です。




越のハーブ鳥の焼き鳥に、かんずりをつけて

千代の光の純米酒と合わせました。



箸置きは、先日いらしてくださった志村先生の

お土産のお品です。上野は空前のパンダブーム🐼!

いろいろな仕草の🐼があってかわいい箸置きです。


志村先生も、あの後、

能登の真脇遺跡に行かれたそうですよ!



縄文の真脇遺跡の人たちも、

クジラにイルカに食べていましたね!


日本の国は、縄文時代からクジラを食べるという

食文化がある、そう言ってしまえば、

捕鯨の話もそれで終わるような気がするのですが。







Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。