2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

大和国を行く ~東大寺二月堂閼伽井屋

 【22//2013】

nara1 (5)
閼伽井屋(あかいや) 鎌倉期 重文

ここが私が前々から訪れたかった東大寺二月堂の前にある閼伽井屋です。
中には入れなくなっていて残念。

それにしても・・・

「蛇の道は蛇」ですね。


今日のこしひかりのあとりえは、少しレベルアップしますね。

閼伽井屋
ここは修二会に際し、毎年3月12日(旧暦2月)に
この井戸よりご本尊にお供えするお香水(閼伽水=あか水)を汲む神事が行われる場所です。
752年、実忠和尚が二月堂で初めて修二会を行ない、諸神を勧請した際、
若狭の遠敷明神が献じたものであることから
「若狭井」とも呼ばれているそうです。

この井戸が福井県小浜市遠敷と繋がっていて、
若狭の一之宮、若狭彦神社の神宮寺で、東大寺お水取りの10日前に
「お水送り」という神事をするのだそうです。

東大寺ではこの時にだけ湧き出る聖水を閼伽水として
ご本尊の十一面観音様にお供えする。

興味深いです。

なぜ若狭の遠敷明神なのか、
(遠敷明神=ヒコホホデノミコト・トヨタマヒメの夫婦神)

東大寺要録によれば、勧請の際に遠敷明神だけが
漁に夢中になっていて遅れて参られたため、
神々の咎を受け、毎年二月の若狭からのお水送りはそのお詫びの証なのだといいます。

福井県の遠敷は、読んだまま「お丹生」であり、
水銀産出地でありますから、奈良への朱の供給源だったことが
神事として残ったのではないかと考えたわけです。

先に申しましたとおり、東大寺の大仏を作る際に
使われた水銀の量は50tとも言われていますし、
当時「青丹よし」と言う程の水銀を消費していたことを考えると、
いくら奈良に水銀鉱山がたくさんあるとはいえ、
それだけでは賄いきれなかったのではなかろうか。

そして聖水は、赤、「あかみず」ですから。

閼伽(あか)は、サンスクリット語アルガ(=argha)の音写であり、
フランス語やヴェネツィア語で使われているアクア(=aqua)と語源は同じだといいます。

また、修二会(しゅにえ)の語源ですが定かではなく、日本だけのものだそうです。
しゅにえ。「朱丹会(得)?」かもしれないと思うのは、私だけでしょうか。

前々から私は、水分信仰にどうして赤が関係が深いのか謎でした。
これはネパールのクマリ信仰も同じように思いますし、
それが日本の「水分」に転訛したのでしょう。


そしてここ、東大寺二月堂のご本尊は十一面観音様。

吉野裕子氏の著書「山の神」によると
「私見によれば、十一面観音の頭部の仏像も、その原型はおそらくナーガである。」
と記されていて、私も同感です。

全てが納得。
よくできていますね。

そして水には火がついてくる。
この二月堂のお水取りは、同時に(松明の)火祭りでもありますし
若狭のお水送りの神事もやはり火祭りのようです。
火はダイレクトに「赤」を表しますし、火と水は生命の根源。



もし朱のアマルガム法が秦氏による技術だとしたら
こしひかりが八幡さんの末社の天井画に主に朱を用いたのも
検討はずれではなかったことになるか、
などと、帰路にそんなことを考えていました。


次回は若狭湾を巡ってみたいと願うこしひかりでした。

Category: ◆大和神話縁の地

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

いよいよ上越航海です

東大寺の不絹観音菩薩の宝冠には、歴史上に残る最後のヒスイ勾玉が飾られていますよ。
さて、いよいよ今週土日に上越航海です。
居田ケ浜上陸予定時間等の当日の予定は、土田先生に聞いてくださいね。
私は必死に漕いでいると思います。

Posted at 20:54:29 2013/05/22 by 縄文人(見習い)

Comments

個展が近づきましたね。

お久しぶりです。
文章を読んでいて、なるほどと思うことばかりです。どこかで何かが繋がっているのですね。

さて来週は、七尾美術館(長谷川等伯)経由で、糸魚川に行こうと計画しています。
久しぶりの能登の千枚田なども巡りたいと思っています。
計画を練っているときが、一番楽しい時ですね。

Posted at 21:51:58 2013/05/22 by タカチャン

Comments

縄文人(見習い)さま

>不絹観音菩薩の宝冠には、歴史上に残る最後のヒスイ勾玉が飾られていますよ。
そうでしたか、今度行った時に忘れずに見に行きます!どんな色のヒスイなんでしょう。

>さて、いよいよ今週土日に上越航海です。
わぁ、おめでとうございます♪
気候のいい時期、いいですね!自分は航海の厳しさはわかりませんが、どうかお気をつけて航海されてください。
日曜は子供の運動会ですが、応援に駆け付けられればと思っています。
ゆくゆくは・・・東は三内丸山!西は能登、出雲まで!(^^)こしひかりの願いです。

Posted at 08:51:59 2013/05/23 by こしひかりのあとりえ

Comments

タカチャン さま

タカチャンさま、ご無沙汰しております。(^^)
わぁ、感激です!そちらからだと十時間くらいかかりますか?
道中どうぞお気をつけてお越しください!

七尾美術館http://nanao-art-museum.jp/?p=4348
等伯、いい展覧会ですね!気が付きませんでした!2日まで…しまったぁ!

Posted at 09:16:53 2013/05/23 by こしひかりのあとりえ

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks