2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

糸魚川市が大火事!!

 【22//2016】

駅前50棟を焼き、現在も炎上中とのことで、
どうかどうか、
いち早く消火されることをお祈りしています。

何も出来ず、ただ涙ぐみながらニュースを見てオロオロとしている自分が情けないです。

今日は温かくとても強い風が一日中吹いていました。

怪我人など出ませんように、ただ祈るばかりです。

Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

「出雲を原郷とする人たち」が一冊になりました!!

 【13//2016】

気がつけば秋も深まり、晩秋、、というか

冬になってしまいました。ご無沙汰しております。

私めは生活が一変し、戸惑っているところです。




さて、山陰中央新報や新潟日報でも連載されており

このブログでもたびたびご紹介させていただきました「出雲を原郷とする人たち」のコーナー!


この記事を書かれていた岡本雅享先生が

ついに「出雲」を一冊の本にまとめられたというのです!

これは、一大事です!!!



刊行ほやほや

日本中の「出雲」という地名をここまで詳しく追った本は、

恐らく日本史上初めてのことと思います。

新聞記事の連載の時からずっと

一冊にならないかしら❤️と期待していただけに、

私にとって、待望の一冊でした。



この本の面白いところは、著者先生が全て現地へフィールドワークされ、

古代から今を生きる人々をも追っているということです。



越の国のコーナーでは、奴奈川姫のことは勿論、

こしひかりと奉納画のことも

写真付きで掲載されていました。感激の涙╰(*´︶`*)╯♡



みなさん是非是非読んでくださいね!😉

eブックス、Amazon、楽天ブックス、紀伊国屋書店

はじめ、全国の書店で購入できます。




こしひかりは明後日、糸魚川市で一時間の講演の予定です。

この新刊の朗報を皆さんにお知らせするべく、

お話してまいります。

Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

最近の活動とご報告

 【01//2016】



秋の活動ご報告、もりだくさんです。


20161101164343ecd.jpg


ひとつめは、

こしひかりの2メートルの天井画作品が納められている、

陀羅尼八幡神社の秋のライトアップが始まります。



20161101164339f16.jpg




参道の行灯にも協力させていただきました。





是非、もみじ狩りに行かれてください。



20161101164344dce.jpg 



ふたつめのご報告は、

糸魚川信用組合に起用していただいた

通帳の現物が届きました。

あおやまに という画題の、二曲一双屏風の一部です。








純金と緑青が綺麗に発色してくれました。


みなさん、糸信さんで通帳作ってくださいね!



三つめのご報告は

今年もヒスイ鉱物展が糸魚川市で行われるそうです。


私の四曲一隻屏風絵も展示される予定。

顔料にヒスイを使っています。


ヒスイが国石になったので、

さらに盛り上がるといいですね。







四つめのご報告は

姫がもたらしたと伝わるからむし〔青苧〕が入った乾麺

名付けて「奴奈川うどん」が、十日町市より新発売しました!

デザイン考案は、もちろん

こしひかりがさせていただきました。


道の駅うみてらす名立などで販売しています。

食物繊維がたっぷり!


からむし〔苧麻〕に含まれるムチンという成分により

つるつるっとした喉ごしで、とっても美味しいんです。






五つ目のご報告は、

この春から地元の画廊をお借りし、

毎週子供達に水彩画の指導を行っています。


頚城一円、西は糸魚川市、東は十日町市と1時間以上かけて

教室に通ってくれている子もいます。


このたび、日本ジュニア展という全国公募展で、

うちの教室から見事

最高賞一点と、特選が二点が選ばれました!!


これはとてもすごいことだそうで、

先日新聞に大きく載せていただきました。




お菓子タイム!笑

こんな感じのクラスが三つほどあります。

子供達はみんな天才ですね。





祖母が亡くなり一ヶ月、

なんとか店も一人できりもりしています。


結納品も既に何点か作りました。

祖母からすっかり受け継ぎ、

目録も心を込めて書いてます。







はぁ。

子育ては当たり前としても、

日々店のきりもりの他に、いろいろな仕事をしながら、

他に絵を描かなくてはならず、

毎日100も200もやることがあって、

こなすのが大変なんてもんじゃありません。


今月は1時間の講演もあり、資料も作らないと。






いまのところ、なんとかまわっているのは

自分でも神業かも?思うほどです、笑



本当に神様が力をくださっているのかもしれません。








Category: ✿越(新潟・富山・石川・福井)

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

三浦佑之先生がご来越されました!

 【24//2016】

2016092411354378d.jpeg
昨日、三浦佑之先生がご来越され、

土田先生が奴奈川姫の伝説地を案内されました。

早速、今朝のタイムスの一面に載っていました⇧!



ちらっと新聞の写真に写ってしまいましたが、

こしひかりも米粒の様に小さくなって

ご案内係のお仲間に入れさせていただいたのでした。(*ノ∪`*)

20160924113612a89.jpeg
久しぶりに拝んだ黒姫山の福来口!

黒姫山ってやはりすごい山ですね!

ヒスイを生み出す地母神のような存在。
 2016092411372186c.jpeg
土田先生と三浦先生。

右のお方が、今回のご縁結びをしてくださいました

登山家の青田浩さん。


20160924113723354.jpeg
透過するヒスイに魅了される三浦先生。

 20160924113718308.jpeg
先生の著書、古事記再発見。にサインまでいただいてしまいました。ヽ(≧∀≦)ノ


先生方から貴重なお話をたくさんいただき、

昨晩は興奮のあまりよく眠れませんでした。


青田さん、素晴らしいご縁をありがとうございました。












Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

台風が接近してますね

 【07//2016】


秋らしい風になりましたね。

台風による風のせいかしら?

庭に秋海棠が咲きはじめたので、一輪挿しへ



差した瞬間、ジローに取られましたけども。

(T T)


週末、お仕事で諏訪へ行って参ります。


Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

絵が銀行の通帳になりました。

 【24//2016】


残暑お見舞い申し上げます。

朝はクーラーがいらない程涼しくなってきましたね。

秋も間近でしょうか🎵




さて、キャッシュカードに引き続きまして、

こしひかりの屏風絵が

糸魚川信用組合の通帳に起用されました🎵☺️

金屏風作品の一部になります。

これもまた純金の絵なので、お金が貯まりそうですね。💰💴💰💴



ライバルはブラック番長😙

こちらもかわいいですね。



いとしんだよりvol.49 8月22日発行

Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

新潟酒まつりinシンガポール

 【05//2016】


シンガポールへやってきました!

201607311219579cb.jpeg

新潟ブランドのおいしいお米や日本酒を海外にPRするため、

新潟県が主催する「上越酒まつりinシンガポール」が

富寿司さんノベナスクエア店で行われました。

※写真 上越市15蔵元の地酒が勢揃い!


2016073006500604f.jpeg

富寿司さんはシンガポールだけで4店舗を展開される人気店で、

上越でも一番人気のお寿司屋さんです。


酒まつりの前日にも、ご挨拶を兼ねて富寿司さんを訪れたのですが、

すでに全席予約で埋まっているという人気ぶりに、

一同顔を見合わせてびっくり!



価格もシンガポールの高い物価とはうらはらに、

リーズナブルな設定なのも、嬉しいところです。


2016073006504806d.jpeg

さて、本題の上越酒まつり当日。

総勢120名が招待され、店内は熱気に溢れていました。


この富寿司さん、

ほんっっっとに美味しいんです!!🙋太鼓判!


まぐろにサーモン、ボタンエビに真鯛!

どのネタもプリプリですごく新鮮!!

あれもこれも箸が止まりません。

カウンターの舟盛りコーナーでは、写真を撮るのも忘れ、

いただくのに夢中になってしまいました。


さらに、お惣菜の枝豆や野菜も、上越直送というこだわりです。


みなさん、シンガポールへ行かれたら

是非是非!富寿司さんへ行かれてみてくださいね。


そしてシンガポールの高い湿度が、お寿司と日本酒の味を

さらに引き立てているのか、

全身に染み渡る

し〜あ〜わ〜せ〜❣️


20160730065047f0e.jpeg

きき酒コーナーです。

頸城酒造さんと、雪中梅で有名な丸山酒造さん。

酒まつりでは、上越市15カ所の蔵元と糸魚川市5つの蔵元

あわせて20種類の日本酒が利き酒コーナーに並びました。


上越に住んでいても、これだけ美味しいお寿司と

地酒を飲み比べできる機会は、そう滅多にありません。


しかも個人的に大好きな純米酒揃い。

上越の日本酒をこよなく愛する私にとって

天国です。

ああ、幸せがとまりません。


予想どおり利き酒コーナーから出れないという非常事態に陥りました。


20160730065049bfc.jpeg



私、今更ですが、気がつきました。


越の魚、越の米、越の酒は、世界一美味しいということに!!

この、三味一体のハーモニー。


なんということでしょう!!(T T)←幸せ者




20160730065002289.jpeg

富寿司副社長さんのご挨拶。


冒頭の楡井県議さんの始まりのご挨拶では、絵の作者ということで

思いがけずみなさんに紹介までしていただきました。

楡井県議さん、ありがとうございました。

20160730065050f31.jpeg

富寿司さんの店内に、こしひかりの絵を飾らせていただきました。

急な申し出にも関わらず神対応してくださった副社長さん、

本当にありがとうございました。


写真は、日本文化が大好きだという彼女。

アイラブジャパンですって。一緒に記念撮影、嬉しいです。(T . T)




奴奈川姫のことも、お酒の奴奈姫がありましたので

名刺交換させていただいた方に

しっかりPRさせていただくことが出来ましたよ!


越の奴奈川の地が誇る2000年の食文化、ここにあり!


越に稲作を広めたと言われる出雲の大國主命も

さぞお喜びでしょう🎵

奴奈姫というお酒のように、

日本酒の銘柄から神代の土地の歴史が学べるというのも

醍醐味で、私が日本酒を愛する理由の一つです。

ラベルで呑む♪

銘柄の響きは、一際お酒を美味しくいただくための

オンリーワンのエッセンスでもあります。


20160731121958de5.jpeg
マリーナベイサンズ屋上プールからの夜景。

昼も夜も眺めが良くて、何度来ても最高です。


この度の旅で気がつきました。

このシンガポールの高温多湿の気候は

越の米、越の魚、越の酒を食すのに

ぴったりの環境であることに!

そして、越の日本画もまたぴったりであるということに!





アイラブシンガポール!

必ずまた参ります!!

Category: ◆出雲神話縁の地

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る